CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る]

■記事の削除
記事を削除するには「記事削除用パスワード」をフォームに入力し「この記事を削除する」ボタンをクリックして下さい。

Re[2]: 配合強度の求め方の式の意味
投稿者名:若輩者  投稿日:2018/02/14 22:40:25  記事No:39515  ID:**********
蟻のママの〜様

ありがとうございます!!
まさに、私が理解していないことを的確に示してくださいました!
標準誤差という考え方なのですね。遠い昔にQC検定2級の勉強で経験した覚えがあります。。。が、すっかり頭から抜けておりました。


>さて、標準誤差σ/√3にかかっている3ですが、上記の3σ(=標準偏差の3倍)と同じように、標準誤差の3倍(=3σ/√3)ということで、3倍とっておけば上記同様に不良率はゼロに近くなるということです。

→これは、99%信頼区間の定数が2.58であることと関係があるのでしょうか?(68%信頼区間=定数1、95%信頼区間=定数2と関係している・・・?)

まだまだ意味が分からないので、これから統計学の入門図書を読み漁って勉強しようと思います。

理解のきっかけを作って下さり、ありがとうございました。

若輩者
記事削除用パスワード
[←前のページに戻る]

コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.