CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る] [→プレビューなしモード] *サイト内検索

Re: JIS A 1107
投稿者名:ほかん  投稿日:2015/07/11 12:05:22  記事No:38405  ID:xs34DQhE
功こそが wrote.

>@(診断士2005年の23)
>JIS A 1107:2002に従って 構造体から採取したコアを用いて、コンクリート圧縮強度の測定を行った
>コアの平均直径が100mm、コアの平均高さが121o、試験時最大荷重が252kNであった
>
>計算
>252000/7850≒32.1
>強度補正 121/100=1.21
>この場合の補正係数 0.21/0.25×(0.93-0.87)+0.87=0.92
>
>
>A(診断士2013年の15)
>JIS A 1107:2012に従って 構造体から採取したコアを用いて、圧縮強度の試験を行った
>コアの平均直径が100mm、コアの平均高さが163o、試験時最大荷重が2.67×10(5)
>Nであった
>
>計算
>267000/7850≒34.0
>強度補正 163/100=1.63
>この場合の補正係数 (1.75-1.63)/(1.75-1.50)×(0.98-0.96)+0.96=0.97
>
>ここで、質問ですが、2005年の23 補正係数計算にでている 0.21はおそらく
>(1.21-1.00)からでていると思うのですが、2013年の15では、(1.75-1.63)と
>なり それぞれの補正係数の表による数字の拾い方がことなり、考え方がわかりませんこの違いを教えてください。

補間区間の上の数値からの差をとるか、下からかの違いだけでむろん同値です。

Aは、 0.98 -(1.75-1.63)/(1.75-1.50)×(0.98-0.96)=0.9704
あるいは (1.63-1.50)/(1.75-1.50)×(0.98-0.96)+0.96=0.9704
あえて、4ケタでだしました。

ご提示の@の計算式は下からの計算ですね。0.9204
上からとると、0.93-(1.25-1.21)/0.25×(0.93-0.87)=0.9204

このレスへの感心度: フムフム×185 ナルホド!×167 スゴイ!!×119
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[前の記事に戻る] [次の記事に進む] [この記事を削除する] [新規記事を投稿する] [スレッド新着順] [新着記事一覧] [ルート記事新着順] [過去ログを見る] [ヘルプ]

◆この記事の親記事:
★[38403] JIS A 1107 - 功こそが 2015/07/11 08:36:36 ID:taqTgL2j 興味アリ×278
@(診断士2005年の23) JIS A 1107:2002に従って 構造体か ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
◆この記事のスレッド:
★[38403] JIS A 1107 - 功こそが 2015/07/11 08:36:36 ID:taqTgL2j 興味アリ×278
@(診断士2005年の23) JIS A 1107:2002に従って 構造体か ……
[38405] Re: JIS A 1107 - ほかん 2015/07/11 12:05:22 ID:xs34DQhE フムフム×185 ナルホド!×167 スゴイ!!×119
(補間区間の上の数値からの差をとるか、下からかの違いだけでむろ ……)



コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.