CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る] [→プレビューなしモード] *サイト内検索

Re: ダム柱状打設工法における、隣接ブロック間8リフト以内の意味
投稿者名:ダム屋ですが  投稿日:2017/09/07 12:43:03  記事No:39396  ID:m3F4cLPP
ダム wrote.

>ダムコンクリートの打設で柱状工法を採用するとき、ダム軸方向の隣接ブロック間の打設制限を8リフト以内としていますが、これは、何のために規定しているのでしょうか?
>単に施工時の安全確保のためでしょうか?
>それとも、新旧コンクリート間の温度応力上の問題でしょうか?
>通常2次元設計においては、ブロック間の一体化は必須条件でなく、貯留ダムでジョイント間が開いても止水板があるので大きな問題が発生するとも思いませんが、8リフト以上打設間隔があくと、感覚的には追いつくのに3ヶ月位はかかりそうなので、そうなると止水板で対応できなくなるほど止水性が損なわれるということでしょうか?
>ごくまれに、たとえば、基礎岩盤に大きな断層があり隣接ブロックを一体化して部分的に3次元設計を必要としたり、ダム軸折れ曲がりブロックで3次元設計を実施したダムも過去にはあるようですが、このような特殊な場合を除いてジョイントの一体化は必須でなく、温度応力によるブロック間の開き抑制のためではなさそうに思います。
>
>あるいは、長期間放置後の後行ブロック打設時に水平打ち継ぎ目のクラック発生を懸念しているのでしょうか?
>
>単に安全性の問題だけにしては、明確な規定なのできっと重要な意味があると思うのですが、、、、
>
>ご存知の方がいらっしゃればご教授ください

 明確なことはわかりませんが、日本ダム協会発行の「コンクリートダムの施工」の記述によれば、

 従来工法の打ち込みは、堤体の立ち上がりをできるだけ均等にし、コンクリートの強度発現や、硬化熱低減のために熱放散の促進、高い鉛直継目面の長時間露出の回避など、温度応力と施工性から細かなルールが決められている。

ということで、経験的なものが根拠になっているように思います。

このレスへの感心度: フムフム×15 ナルホド!×13 スゴイ!!×13
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[前の記事に戻る] [次の記事に進む] [この記事を削除する] [新規記事を投稿する] [スレッド新着順] [新着記事一覧] [ルート記事新着順] [過去ログを見る] [ヘルプ]

◆この記事の親記事:
★[39378] ダム柱状打設工法における、隣接ブロック間8リフト以内の意味 - ダム 2017/08/25 12:26:27 ID:NAVFQSTH 興味アリ×18
ダムコンクリートの打設で柱状工法を採用するとき、ダム軸方向の ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
◆この記事のスレッド:
★[39378] ダム柱状打設工法における、隣接ブロック間8リフト以内の意味 - ダム 2017/08/25 12:26:27 ID:NAVFQSTH 興味アリ×18
ダムコンクリートの打設で柱状工法を採用するとき、ダム軸方向の ……
[39396] Re: ダム柱状打設工法における、隣接ブロック間8リフト以内の意味 - ダム屋ですが 2017/09/07 12:43:03 ID:m3F4cLPP フムフム×15 ナルホド!×13 スゴイ!!×13
( 明確なことはわかりませんが、日本ダム協会発行の「コンクリー ……)



コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2017 Concrete Products Network All rights reserved.