CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る] [→プレビューなしモード] *サイト内検索

[新規記事を投稿する] [スレッド新着順] [新着記事一覧] [ルート記事新着順] [過去ログを見る] [ヘルプ]
◆スレッドツリー:
★[38474] コンクリート診断士 - 伊藤 2015/08/29 12:22:30 ID:L6wwi8c0 興味アリ×288
いつも拝見させていただいております。 以下に述べる不具合の事 ……
[38475] Re: コンクリート診断士 - 774 2015/08/29 12:38:32 ID:dx2or6HI フムフム×206 ナルホド!×157 スゴイ!!×132
デッキスラブ打設した際に似たような経験があります。 ……
[38479] Re: コンクリート診断士 - ミネルヴァ 2015/08/31 06:27:44 ID:Dvzlw48T フムフム×229 ナルホド!×179 スゴイ!!×170
 同様の現象については、当方もこれまでに何度か相談を受けたこ ……
[38480] Re[2]: コンクリート診断士 - 伊藤 2015/08/31 11:00:12 ID:VfxOPRE9 フムフム×189 ナルホド!×170 スゴイ!!×128
ご丁寧な回答感謝いたします。 確かに大きなスラブになりますと ……
[38482] Re[3]: コンクリート診断士 - 血液型はA型 2015/08/31 14:00:29 ID:e/v6ahv0 フムフム×216 ナルホド!×179 スゴイ!!×125
同様の話を某生コン工場の工場長から1年位前に聞きました。 ……
[38484] Re[3]: コンクリート診断士 - ミネルヴァ 2015/09/01 15:41:57 ID:KJxYSbxo フムフム×221 ナルホド!×185 スゴイ!!×139
その可能性は低いのではないかと思います。 当方は、以前やはり ……
[38481] Re: コンクリート診断士 - ピンフドラSUN 2015/08/31 12:52:46 ID:tEnQUQSR フムフム×214 ナルホド!×172 スゴイ!!×146
似たような現象を2回経験しています。まず、2回の共通点は次のと ……
[38485] Re[2]: コンクリート診断士 - 許容応力度法 2015/09/03 00:20:55 ID:Wcj2VpOS フムフム×249 ナルホド!×160 スゴイ!!×140
議論を見ていて理解できないところがあります。EPMAやICPでは結 ……
[38486] Re[3]: コンクリート診断士 - ピンフドラSUN 2015/09/03 12:51:01 ID:80nO0Ngu フムフム×198 ナルホド!×169 スゴイ!!×129
限定的と考えられる施工条件のもとで「表層が局所的に薄く剥離す ……
[38487] Re[4]: コンクリート診断士 - 次郎 2015/09/03 13:43:37 ID:jMNHO67V フムフム×232 ナルホド!×209 スゴイ!!×134
クラッシャラン(RC40)を入れて,その上に打設したのでしょう ……
[38488] Re[5]: コンクリート診断士 - 外野 2015/09/03 18:16:31 ID:BAOwPLcX フムフム×246 ナルホド!×190 スゴイ!!×118
いやいや講釈捏ねくり回してから打ち込んだんで、泡吹いたんじゃ ……

コンクリート診断士
投稿者名:伊藤  投稿日:2015/08/29 12:22:30  記事No:38474  ID:L6wwi8c0
いつも拝見させていただいております。
以下に述べる不具合の事例を探しております。
ある工場の土間を打設したのですが、翌朝土間表面に高さ2〜5mm、大きさ30〜50mm程度のふくらみが多数発生しておりました。
膨らみ部はハンマーで叩けば簡単に潰れ、深さ5mm程度の空隙がありました。
打設終了後、コテ仕上げが完了した時には見当たらなかったのですが、どうやら表面の被膜が硬化したのちに膨らみが発生したようです。
配合は24−15−20Nで打設時はスランプ18近くあったと思われます。
このような事例をお聞きになったことはございませんか?

このスレッドへの興味度:×288
→このスレッドに自分も興味アリ!という方は 興味アリここをクリック
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事はスレッドのルート記事です。
◆この記事への返信記事:
[38475] Re: コンクリート診断士 - 774 2015/08/29 12:38:32 ID:dx2or6HI フムフム×206 ナルホド!×157 スゴイ!!×132
デッキスラブ打設した際に似たような経験があります。 ……
[38479] Re: コンクリート診断士 - ミネルヴァ 2015/08/31 06:27:44 ID:Dvzlw48T フムフム×229 ナルホド!×179 スゴイ!!×170
 同様の現象については、当方もこれまでに何度か相談を受けたこ ……
[38481] Re: コンクリート診断士 - ピンフドラSUN 2015/08/31 12:52:46 ID:tEnQUQSR フムフム×214 ナルホド!×172 スゴイ!!×146
似たような現象を2回経験しています。まず、2回の共通点は次のと ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: コンクリート診断士
投稿者名:774  投稿日:2015/08/29 12:38:32  記事No:38475  ID:dx2or6HI
伊藤 wrote.

>いつも拝見させていただいております。
>以下に述べる不具合の事例を探しております。
>ある工場の土間を打設したのですが、翌朝土間表面に高さ2〜5mm、大きさ30〜50mm程度のふくらみが多数発生しておりました。
>膨らみ部はハンマーで叩けば簡単に潰れ、深さ5mm程度の空隙がありました。
>打設終了後、コテ仕上げが完了した時には見当たらなかったのですが、どうやら表面の被膜が硬化したのちに膨らみが発生したようです。
>配合は24−15−20Nで打設時はスランプ18近くあったと思われます。
>このような事例をお聞きになったことはございませんか?

デッキスラブ打設した際に似たような経験があります。
発生直後の原因は不明でしたが、後日の打設時に施工を確認したらバイブレータによる締固めが不足してました。
ポンプから出たところをバイブを使わずに即座に均し抑えに入る。
「もう少し丁寧に」と指示したところ、これ以降は発生しませんでした。

ただ今回の話は、下が「土」なんですかね?
だとすると地作業の地盤の締固め不足なども考えられるかもしれません。

とりあえず生コンが原因でしたら、供試体の上部がボコボコになりますよ。

このレスへの感心度: フムフム×206 ナルホド!×157 スゴイ!!×132
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38474] コンクリート診断士 - 伊藤 2015/08/29 12:22:30 ID:L6wwi8c0 興味アリ×288
いつも拝見させていただいております。 以下に述べる不具合の事 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: コンクリート診断士
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2015/08/31 06:27:44  記事No:38479  ID:Dvzlw48T
伊藤 wrote.

>いつも拝見させていただいております。
>以下に述べる不具合の事例を探しております。
>ある工場の土間を打設したのですが、翌朝土間表面に高さ2〜5mm、大きさ30〜50mm程度のふくらみが多数発生しておりました。
>膨らみ部はハンマーで叩けば簡単に潰れ、深さ5mm程度の空隙がありました。
>打設終了後、コテ仕上げが完了した時には見当たらなかったのですが、どうやら表面の被膜が硬化したのちに膨らみが発生したようです。
>配合は24−15−20Nで打設時はスランプ18近くあったと思われます。
>このような事例をお聞きになったことはございませんか?

 同様の現象については、当方もこれまでに何度か相談を受けたことがあります。
 比較的気温が高い時期や乾燥・風がある時期に、面積の広いスラブをトロウェル(ヘリコプタ)仕上げをした場合に多く発生しているように感じています。また、因果関係の有無はわかりませんが、膨張材を添加したコンクリートに出るケースが多いような感じもしております。(膨張材を使用しなければ出ないということではありません。)
 また、同一現場を工区割りして、生コンも同一工場から同一配合のものを使用し、施工者や施工方法を変えずに同じ条件で施工しても、この現象が出る場合と出ない場合がありますし、同一工区内でも出ている部位と出ていない部位があります。
 盛り上がり部をコア抜きして見ると、ご指摘のように扁平につぶれた空隙層が深さ数mm、直径数mm〜数十mm程度の大きさで形成されており、上面を叩くと表層部の皮の部分が簡単に剥離します。
 以前この断面を縦方向にEPMAにかけてみたことがありますが、特に異常な成分(膨張材や異物類)の存在は確認できませんでした。
 このため、原因については表面仕上げのタイミングや過剰な仕上げ、締固め不足等の複合により、仕上げ過程でスラブ表層下に形成された空隙(空気泡や一部分離した水を含む)が閉じ込められてその後表面部を押し上げ、そのまま硬化したものではないかと考えております。

ご質問は、コテ仕上げとのことですので、必ずしも同一の現象ではないかもしれませんが、ご参考まで。

このレスへの感心度: フムフム×229 ナルホド!×179 スゴイ!!×170
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38474] コンクリート診断士 - 伊藤 2015/08/29 12:22:30 ID:L6wwi8c0 興味アリ×288
いつも拝見させていただいております。 以下に述べる不具合の事 ……
◆この記事への返信記事:
[38480] Re[2]: コンクリート診断士 - 伊藤 2015/08/31 11:00:12 ID:VfxOPRE9 フムフム×189 ナルホド!×170 スゴイ!!×128
ご丁寧な回答感謝いたします。 確かに大きなスラブになりますと ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: コンクリート診断士
投稿者名:伊藤  投稿日:2015/08/31 11:00:12  記事No:38480  ID:VfxOPRE9
ご丁寧な回答感謝いたします。
確かに大きなスラブになりますとポンプ業者の打設スピードについていけず、締固めやならしが不十分になる可能性がございます。

実はこの現場ではスラブ打設の前日にアルミ製品(サイディングボード、アルミサッシ)の切断を建物の外で行ってたようです。
そしてスラブ打設の日は晴天で少し風が強かったと聞いています。

切断時に発生したアルミの微粉末が生コンに混入し、アルミとアルカリの化学反応によってガスが発生したとは考えられないでしょうか?

膨らみ部分から採取したサンプルをICP発光分光分析で金属測定した結果が以下の通りです。

カルシウム 1.26wt%、アルミニウム 1.01wt%、鉄 0.87wt%、カリウム 0.38wt%、マグネシウム 0.3wt%

 

このレスへの感心度: フムフム×189 ナルホド!×170 スゴイ!!×128
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38479] Re: コンクリート診断士 - ミネルヴァ 2015/08/31 06:27:44 ID:Dvzlw48T フムフム×229 ナルホド!×179 スゴイ!!×170
 同様の現象については、当方もこれまでに何度か相談を受けたこ ……
◆この記事への返信記事:
[38482] Re[3]: コンクリート診断士 - 血液型はA型 2015/08/31 14:00:29 ID:e/v6ahv0 フムフム×216 ナルホド!×179 スゴイ!!×125
同様の話を某生コン工場の工場長から1年位前に聞きました。 ……
[38484] Re[3]: コンクリート診断士 - ミネルヴァ 2015/09/01 15:41:57 ID:KJxYSbxo フムフム×221 ナルホド!×185 スゴイ!!×139
その可能性は低いのではないかと思います。 当方は、以前やはり ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: コンクリート診断士
投稿者名:血液型はA型  投稿日:2015/08/31 14:00:29  記事No:38482  ID:e/v6ahv0
伊藤 wrote.

>ご丁寧な回答感謝いたします。
>確かに大きなスラブになりますとポンプ業者の打設スピードについていけず、締固めやならしが不十分になる可能性がございます。
>
>実はこの現場ではスラブ打設の前日にアルミ製品(サイディングボード、アルミサッシ)の切断を建物の外で行ってたようです。
>そしてスラブ打設の日は晴天で少し風が強かったと聞いています。
>
>切断時に発生したアルミの微粉末が生コンに混入し、アルミとアルカリの化学反応によってガスが発生したとは考えられないでしょうか?
>
>膨らみ部分から採取したサンプルをICP発光分光分析で金属測定した結果が以下の通りです。
>
>カルシウム 1.26wt%、アルミニウム 1.01wt%、鉄 0.87wt%、カリウム 0.38wt%、マグネシウム 0.3wt%
>
  同様の話を某生コン工場の工場長から1年位前に聞きました。
原因解明に流通センターを多く手掛けている建設会社の技術部の方は、今回からトロウェルのブレード(羽根)をアルミニウムに変えたので起こったと仮説を立てられ、様々な角度から検証されましたが解明されませんでした。
大きなデッキスラブの3工場の共納現場で、対処療法として発生の多い工場が外されたようです。

このレスへの感心度: フムフム×216 ナルホド!×179 スゴイ!!×125
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38480] Re[2]: コンクリート診断士 - 伊藤 2015/08/31 11:00:12 ID:VfxOPRE9 フムフム×189 ナルホド!×170 スゴイ!!×128
ご丁寧な回答感謝いたします。 確かに大きなスラブになりますと ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: コンクリート診断士
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2015/09/01 15:41:57  記事No:38484  ID:KJxYSbxo
伊藤 wrote.

>ご丁寧な回答感謝いたします。
>確かに大きなスラブになりますとポンプ業者の打設スピードについていけず、締固めやならしが不十分になる可能性がございます。
>
>実はこの現場ではスラブ打設の前日にアルミ製品(サイディングボード、アルミサッシ)の切断を建物の外で行ってたようです。
>そしてスラブ打設の日は晴天で少し風が強かったと聞いています。
>
>切断時に発生したアルミの微粉末が生コンに混入し、アルミとアルカリの化学反応によってガスが発生したとは考えられないでしょうか?

その可能性は低いのではないかと思います。
当方は、以前やはり金属アルミの切削屑がコンクリート原料の細骨材に混入し、コンクリート二次製品表面に水素ガスの発生(発泡)による盛り上がり現象を起こした事例も見たことがあります。
この時の状況からすると、表面に発生する盛り上がりは直径が数mmから最大でも10mm程度以下であり、しかも部材表層部近くに発泡原因となるアルミ切削屑が位置する場合にのみ表面が盛り上がり、部材内部で発生した水素ガスが集まって部材表面に数十mmの空隙を形成するような状況は認められませんでした。発生した水素ガス量が少なく、コンクリート中から表面まで浮き上がるほどの浮力は得られないのだと思います。
また、混入した切削屑が大きかったら大きな空隙が形成されるかというと、金属アルミは粉末度が高いほど反応しやすく、大量の水素ガスを発生させますが、比較的大きなアルミ切削屑では切削面や表面の一部は反応しますが、大部分は反応せずコンクリート中に残存してしまい、大量のガスが発生することはないようです。
したがって、前日アルミ建材の切削加工を実施し、切削屑が打設箇所にあったとしても、それがコンクリート表面に浮き上がって集まり、表面部で直径数十mmもの連続空隙を形成することは考えにくいように思えます。
もし、金属アルミの混入を疑われるのでしたら、空隙下部に未反応の金属アルミもしくは、反応残渣物であるアルミの酸化物や水酸化物が存在するかどうかを確認されてはいかがでしょうか。

>
>膨らみ部分から採取したサンプルをICP発光分光分析で金属測定した結果が以下の通りです。
>
>カルシウム 1.26wt%、アルミニウム 1.01wt%、鉄 0.87wt%、カリウム 0.38wt%、マグネシウム 0.3wt%
>
なぜ、ICP発光分光分析を実施されたのかよくわかりません。通常ICP分析をかける際は前処理で酸処理をされているのではないかと思いますが、酸処理をすると原因物質だけでなく原因物質に付着しているセメント水和物や骨材由来の粘土鉱物等も同時に溶解してしまい、元素含有比率が原因物質と大きく乖離する結果となりやすいので、原因物質の特定は困難ではないかと思います。
当方であれば、前レス記述のとおりEPMAの垂直面の面分析でSO3(膨張材等の集中の有無)やAl(金属アルミ等の混入の有無)等のイオンマッピングを行うか、膨らみ部下部のサンプルの粉末エックス線回折を実施するのではないかと思いますが・・・・。

このレスへの感心度: フムフム×221 ナルホド!×185 スゴイ!!×139
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38480] Re[2]: コンクリート診断士 - 伊藤 2015/08/31 11:00:12 ID:VfxOPRE9 フムフム×189 ナルホド!×170 スゴイ!!×128
ご丁寧な回答感謝いたします。 確かに大きなスラブになりますと ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: コンクリート診断士
投稿者名:ピンフドラSUN  投稿日:2015/08/31 12:52:46  記事No:38481  ID:tEnQUQSR
伊藤 wrote.

>いつも拝見させていただいております。
>以下に述べる不具合の事例を探しております。
>ある工場の土間を打設したのですが、翌朝土間表面に高さ2〜5mm、大きさ30〜50mm程度のふくらみが多数発生しておりました。
>膨らみ部はハンマーで叩けば簡単に潰れ、深さ5mm程度の空隙がありました。
>打設終了後、コテ仕上げが完了した時には見当たらなかったのですが、どうやら表面の被膜が硬化したのちに膨らみが発生したようです。
>配合は24−15−20Nで打設時はスランプ18近くあったと思われます。
>このような事例をお聞きになったことはございませんか?

似たような現象を2回経験しています。まず、2回の共通点は次のとおりです。
・床版(面積大)、膨張コンクリート、暑中コンクリート、日射、風が強い日に施工、皮膜養生剤散布
ケース1
上にのると若干ふわふわした感じがするが、表面が乾いてきたので仕上げを開始。通常のやり方は、皮膜養生剤散布→トロウェルで荒仕上げ→金ゴテ仕上げ→終了ですが、この日はコテ仕上げが非常にやりにくいということで、金ゴテ仕上げをする時にも再度皮膜養生剤を散布した。

ケース2
上記手順で早めに仕上げにとりかかったが一部若干間に合わなかった部分があり、皮膜養生剤を散布してコテでこすってペーストを作り仕上げた。見た目はきれいに仕上がった。

いずれのケースも翌日、よく見ないとわからないような若干の膨れとひび割れが発生(点在)。現象としては、薄いセメントペースト層がその下のコンクリートと剥離していた。つまり、本来のコンクリートの上に薄いセメントペースト層ができ、下のコンクリートとは剥離していた。

種々検討した結果、皮膜養生剤の混ざった水密なセメントペースト層の下に、コテ仕上げ後にブリージング水が溜まり剥離したという結論に至りました。セメントペースト単体ではなく、皮膜養生剤が混ざりブリージング水が逃げにくかったのが大きな要因になっているものと考えられます。おそらくブリージング水だけでなく、セメントペースト中の水(皮膜養生剤中の水含む)も要因のひとつになっているものと思われます。また、全面ではなく点在したのはセメントペースト中の皮膜養生剤量にムラがあり、一様ではなかったことが考えられます。
膨張材との関連についてはよくわかりません。

このレスへの感心度: フムフム×214 ナルホド!×172 スゴイ!!×146
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38474] コンクリート診断士 - 伊藤 2015/08/29 12:22:30 ID:L6wwi8c0 興味アリ×288
いつも拝見させていただいております。 以下に述べる不具合の事 ……
◆この記事への返信記事:
[38485] Re[2]: コンクリート診断士 - 許容応力度法 2015/09/03 00:20:55 ID:Wcj2VpOS フムフム×249 ナルホド!×160 スゴイ!!×140
議論を見ていて理解できないところがあります。EPMAやICPでは結 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: コンクリート診断士
投稿者名:許容応力度法  投稿日:2015/09/03 00:20:55  記事No:38485  ID:Wcj2VpOS
ピンフドラSUN wrote.

>伊藤 wrote.
>
>>いつも拝見させていただいております。
>>以下に述べる不具合の事例を探しております。
>>ある工場の土間を打設したのですが、翌朝土間表面に高さ2〜5mm、大きさ30〜50mm程度のふくらみが多数発生しておりました。
>>膨らみ部はハンマーで叩けば簡単に潰れ、深さ5mm程度の空隙がありました。
>>打設終了後、コテ仕上げが完了した時には見当たらなかったのですが、どうやら表面の被膜が硬化したのちに膨らみが発生したようです。
>>配合は24−15−20Nで打設時はスランプ18近くあったと思われます。
>>このような事例をお聞きになったことはございませんか?
>
>似たような現象を2回経験しています。まず、2回の共通点は次のとおりです。
>・床版(面積大)、膨張コンクリート、暑中コンクリート、日射、風が強い日に施工、皮膜養生剤散布
>ケース1
>上にのると若干ふわふわした感じがするが、表面が乾いてきたので仕上げを開始。通常のやり方は、皮膜養生剤散布→トロウェルで荒仕上げ→金ゴテ仕上げ→終了ですが、この日はコテ仕上げが非常にやりにくいということで、金ゴテ仕上げをする時にも再度皮膜養生剤を散布した。
>
>ケース2
>上記手順で早めに仕上げにとりかかったが一部若干間に合わなかった部分があり、皮膜養生剤を散布してコテでこすってペーストを作り仕上げた。見た目はきれいに仕上がった。
>
>いずれのケースも翌日、よく見ないとわからないような若干の膨れとひび割れが発生(点在)。現象としては、薄いセメントペースト層がその下のコンクリートと剥離していた。つまり、本来のコンクリートの上に薄いセメントペースト層ができ、下のコンクリートとは剥離していた。
>
>種々検討した結果、皮膜養生剤の混ざった水密なセメントペースト層の下に、コテ仕上げ後にブリージング水が溜まり剥離したという結論に至りました。セメントペースト単体ではなく、皮膜養生剤が混ざりブリージング水が逃げにくかったのが大きな要因になっているものと考えられます。おそらくブリージング水だけでなく、セメントペースト中の水(皮膜養生剤中の水含む)も要因のひとつになっているものと思われます。また、全面ではなく点在したのはセメントペースト中の皮膜養生剤量にムラがあり、一様ではなかったことが考えられます。
>膨張材との関連についてはよくわかりません。

議論を見ていて理解できないところがあります。EPMAやICPでは結論は出せないと思います。XRDと組み合わせて判断すべきと思います。

このレスへの感心度: フムフム×249 ナルホド!×160 スゴイ!!×140
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38481] Re: コンクリート診断士 - ピンフドラSUN 2015/08/31 12:52:46 ID:tEnQUQSR フムフム×214 ナルホド!×172 スゴイ!!×146
似たような現象を2回経験しています。まず、2回の共通点は次のと ……
◆この記事への返信記事:
[38486] Re[3]: コンクリート診断士 - ピンフドラSUN 2015/09/03 12:51:01 ID:80nO0Ngu フムフム×198 ナルホド!×169 スゴイ!!×129
限定的と考えられる施工条件のもとで「表層が局所的に薄く剥離す ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: コンクリート診断士
投稿者名:ピンフドラSUN  投稿日:2015/09/03 12:51:01  記事No:38486  ID:80nO0Ngu
限定的と考えられる施工条件のもとで「表層が局所的に薄く剥離する」という現象から判断して、EPMA、ICP、XRDにそもそも大きな意味があるのでしょうか?そういう「物質」が考えられるということでしょうか?だとしたら、どんなものが考えられますか?例えば膨張材が偏在していても、塊があってもこういう現象は起こらないですね。もちろん、計画的に総合的に原因究明を行うとなれば、EPMAとか実施項目の一つにはなると思いますが。

こういう現象に対する原因究明で大事なのは、現場で何かあったのか、何をしたのか、いつもと違うことをしたのではないか等ということを詳しく調べることだと思います。残念なことに、こういう「原因の特定が難しい不具合」が起こると、往々にして現場は口をつぐむのが常です。責任者が現場をよく見ていないと、なかなかこういう現象に対しては、いろんな意味で対処できません。と、私は思います。コンクリートはホントに面白いと思います。

このレスへの感心度: フムフム×198 ナルホド!×169 スゴイ!!×129
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38485] Re[2]: コンクリート診断士 - 許容応力度法 2015/09/03 00:20:55 ID:Wcj2VpOS フムフム×249 ナルホド!×160 スゴイ!!×140
議論を見ていて理解できないところがあります。EPMAやICPでは結 ……
◆この記事への返信記事:
[38487] Re[4]: コンクリート診断士 - 次郎 2015/09/03 13:43:37 ID:jMNHO67V フムフム×232 ナルホド!×209 スゴイ!!×134
クラッシャラン(RC40)を入れて,その上に打設したのでしょう ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[4]: コンクリート診断士
投稿者名:次郎  投稿日:2015/09/03 13:43:37  記事No:38487  ID:jMNHO67V
クラッシャラン(RC40)を入れて,その上に打設したのでしょうね。

このレスへの感心度: フムフム×232 ナルホド!×209 スゴイ!!×134
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38486] Re[3]: コンクリート診断士 - ピンフドラSUN 2015/09/03 12:51:01 ID:80nO0Ngu フムフム×198 ナルホド!×169 スゴイ!!×129
限定的と考えられる施工条件のもとで「表層が局所的に薄く剥離す ……
◆この記事への返信記事:
[38488] Re[5]: コンクリート診断士 - 外野 2015/09/03 18:16:31 ID:BAOwPLcX フムフム×246 ナルホド!×190 スゴイ!!×118
いやいや講釈捏ねくり回してから打ち込んだんで、泡吹いたんじゃ ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[5]: コンクリート診断士
投稿者名:外野  投稿日:2015/09/03 18:16:31  記事No:38488  ID:BAOwPLcX
次郎 wrote.

>クラッシャラン(RC40)を入れて,その上に打設したのでしょうね。

いやいや講釈捏ねくり回してから打ち込んだんで、泡吹いたんじゃね!?(笑)

このレスへの感心度: フムフム×246 ナルホド!×190 スゴイ!!×118
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38487] Re[4]: コンクリート診断士 - 次郎 2015/09/03 13:43:37 ID:jMNHO67V フムフム×232 ナルホド!×209 スゴイ!!×134
クラッシャラン(RC40)を入れて,その上に打設したのでしょう ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]



コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.