CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る] [→プレビューなしモード] *サイト内検索

[新規記事を投稿する] [スレッド新着順] [新着記事一覧] [ルート記事新着順] [過去ログを見る] [ヘルプ]
◆スレッドツリー:
★[38905] 塩化物イオン濃度 - 無っ知無知 2016/05/26 12:02:18 ID:C3SVboGm 興味アリ×247
コンクリートの鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度はいくらですか ……
[38906] Re: 塩化物イオン濃度 - マス 2016/05/27 09:00:38 ID:yZWXV8kI フムフム×223 ナルホド!×182 スゴイ!!×173
腐食発生限界塩化物イオン濃度について、以前は、1.2kg/m3とされ ……
[38907] Re[2]: 塩化物イオン濃度 - 無っ知無知 2016/05/27 13:08:19 ID:z27hApul フムフム×216 ナルホド!×149 スゴイ!!×174
どこに、どのような説明、さらには所見まで頂きありがとうござい ……
[38908] Re[2]: 塩化物イオン濃度 - やれやれ 2016/05/27 13:17:02 ID:JRB7ZPU/ フムフム×188 ナルホド!×174 スゴイ!!×131
高炉セメント使えばフリーデル氏塩としての塩分固定能力が上がる ……
[38909] Re[3]: 塩化物イオン濃度 - 無っ知無知 2016/05/27 22:00:43 ID:g14dwKZi フムフム×200 ナルホド!×171 スゴイ!!×135
構造物の置かれている環境、コンクリートの配合等により違うのは ……
[38910] Re[4]: 塩化物イオン濃度 - 大韓民国万歳 2016/05/28 02:14:43 ID:KYf2iN5R フムフム×184 ナルホド!×167 スゴイ!!×140
塩害対策を必要とする鉄筋コンクリート構造物は、塩素の濃度分布 ……

塩化物イオン濃度
投稿者名:無っ知無知  投稿日:2016/05/26 12:02:18  記事No:38905  ID:C3SVboGm
コンクリートの鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度はいくらですか。
まだよく理解していないためよろしくお願いします。

このスレッドへの興味度:×247
→このスレッドに自分も興味アリ!という方は 興味アリここをクリック
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事はスレッドのルート記事です。
◆この記事への返信記事:
[38906] Re: 塩化物イオン濃度 - マス 2016/05/27 09:00:38 ID:yZWXV8kI フムフム×223 ナルホド!×182 スゴイ!!×173
腐食発生限界塩化物イオン濃度について、以前は、1.2kg/m3とされ ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: 塩化物イオン濃度
投稿者名:マス  投稿日:2016/05/27 09:00:38  記事No:38906  ID:yZWXV8kI
無っ知無知 wrote.

>コンクリートの鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度はいくらですか。
>まだよく理解していないためよろしくお願いします。

腐食発生限界塩化物イオン濃度について、以前は、1.2kg/m3とされていましたが、平成23年制定コンクリート標準示方書[維持管理編]P174では、日本港湾協会に示される2.0kg/m3を腐食塩化物イオン濃度とする事例が多いと記されています。
また、同P175では、セメントの種類毎に式が示されています。
 例として、高炉セメントB種を用いた場合
腐食発生限界=-2.6(W/C)+3.1
 これにもとずき、水セメント比55%(0.55)とすると
  腐食発生限界=-2.6(0.55)+3.1=1.67kg/m3となります。

以下、個人的な意見ですが、以前から1.2.kg/m3以上の塩化物イオン量があっても鉄筋が腐食していない場合も多く、環境条件や施工された条件等によっても大きく違いがあるために、一律に1.2kg/m3で決め付けるより、上記による式による方が妥当であると思います。

このレスへの感心度: フムフム×223 ナルホド!×182 スゴイ!!×173
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38905] 塩化物イオン濃度 - 無っ知無知 2016/05/26 12:02:18 ID:C3SVboGm 興味アリ×247
コンクリートの鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度はいくらですか ……
◆この記事への返信記事:
[38907] Re[2]: 塩化物イオン濃度 - 無っ知無知 2016/05/27 13:08:19 ID:z27hApul フムフム×216 ナルホド!×149 スゴイ!!×174
どこに、どのような説明、さらには所見まで頂きありがとうござい ……
[38908] Re[2]: 塩化物イオン濃度 - やれやれ 2016/05/27 13:17:02 ID:JRB7ZPU/ フムフム×188 ナルホド!×174 スゴイ!!×131
高炉セメント使えばフリーデル氏塩としての塩分固定能力が上がる ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: 塩化物イオン濃度
投稿者名:無っ知無知  投稿日:2016/05/27 13:08:19  記事No:38907  ID:z27hApul
マス wrote.

>無っ知無知 wrote.
>
>>コンクリートの鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度はいくらですか。
>>まだよく理解していないためよろしくお願いします。
>
>腐食発生限界塩化物イオン濃度について、以前は、1.2kg/m3とされていましたが、平成23年制定コンクリート標準示方書[維持管理編]P174では、日本港湾協会に示される2.0kg/m3を腐食塩化物イオン濃度とする事例が多いと記されています。
>また、同P175では、セメントの種類毎に式が示されています。
> 例として、高炉セメントB種を用いた場合
>腐食発生限界=-2.6(W/C)+3.1
> これにもとずき、水セメント比55%(0.55)とすると
>  腐食発生限界=-2.6(0.55)+3.1=1.67kg/m3となります。
>
>以下、個人的な意見ですが、以前から1.2.kg/m3以上の塩化物イオン量があっても鉄筋が腐食していない場合も多く、環境条件や施工された条件等によっても大きく違いがあるために、一律に1.2kg/m3で決め付けるより、上記による式による方が妥当であると思います。

どこに、どのような説明、さらには所見まで頂きありがとうございます。
大変勉強になりました。

このレスへの感心度: フムフム×216 ナルホド!×149 スゴイ!!×174
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38906] Re: 塩化物イオン濃度 - マス 2016/05/27 09:00:38 ID:yZWXV8kI フムフム×223 ナルホド!×182 スゴイ!!×173
腐食発生限界塩化物イオン濃度について、以前は、1.2kg/m3とされ ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: 塩化物イオン濃度
投稿者名:やれやれ  投稿日:2016/05/27 13:17:02  記事No:38908  ID:JRB7ZPU/
マス wrote.

>無っ知無知 wrote.
>
>>コンクリートの鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度はいくらですか。
>>まだよく理解していないためよろしくお願いします。
>
>腐食発生限界塩化物イオン濃度について、以前は、1.2kg/m3とされていましたが、平成23年制定コンクリート標準示方書[維持管理編]P174では、日本港湾協会に示される2.0kg/m3を腐食塩化物イオン濃度とする事例が多いと記されています。
>また、同P175では、セメントの種類毎に式が示されています。
> 例として、高炉セメントB種を用いた場合
>腐食発生限界=-2.6(W/C)+3.1
> これにもとずき、水セメント比55%(0.55)とすると
>  腐食発生限界=-2.6(0.55)+3.1=1.67kg/m3となります。
>
>以下、個人的な意見ですが、以前から1.2.kg/m3以上の塩化物イオン量があっても鉄筋が腐食していない場合も多く、環境条件や施工された条件等によっても大きく違いがあるために、一律に1.2kg/m3で決め付けるより、上記による式による方が妥当であると思います。

高炉セメント使えばフリーデル氏塩としての塩分固定能力が上がるから当然でしょ。
その他水分供給条件、酸素等の透過性、塩分拡散係数・・・・当然、条件によって違うよね。

このレスへの感心度: フムフム×188 ナルホド!×174 スゴイ!!×131
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38906] Re: 塩化物イオン濃度 - マス 2016/05/27 09:00:38 ID:yZWXV8kI フムフム×223 ナルホド!×182 スゴイ!!×173
腐食発生限界塩化物イオン濃度について、以前は、1.2kg/m3とされ ……
◆この記事への返信記事:
[38909] Re[3]: 塩化物イオン濃度 - 無っ知無知 2016/05/27 22:00:43 ID:g14dwKZi フムフム×200 ナルホド!×171 スゴイ!!×135
構造物の置かれている環境、コンクリートの配合等により違うのは ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: 塩化物イオン濃度
投稿者名:無っ知無知  投稿日:2016/05/27 22:00:43  記事No:38909  ID:g14dwKZi
やれやれ wrote.

>マス wrote.す
>
>>無っ知無知 wrote.
>>
>>>コンクリートの鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度はいくらですか。
>>>まだよく理解していないためよろしくお願いします。
>>
>>腐食発生限界塩化物イオン濃度について、以前は、1.2kg/m3とされていましたが、平成23年制定コンクリート標準示方書[維持管理編]P174では、日本港湾協会に示される2.0kg/m3を腐食塩化物イオン濃度とする事例が多いと記されています。
>>また、同P175では、セメントの種類毎に式が示されています。
>> 例として、高炉セメントB種を用いた場合
>>腐食発生限界=-2.6(W/C)+3.1
>> これにもとずき、水セメント比55%(0.55)とすると
>>  腐食発生限界=-2.6(0.55)+3.1=1.67kg/m3となります。
>>
>>以下、個人的な意見ですが、以前から1.2.kg/m3以上の塩化物イオン量があっても鉄筋が腐食していない場合も多く、環境条件や施工された条件等によっても大きく違いがあるために、一律に1.2kg/m3で決め付けるより、上記による式による方が妥当であると思います。
>
>高炉セメント使えばフリーデル氏塩としての塩分固定能力が上がるから当然でしょ。
>その他水分供給条件、酸素等の透過性、塩分拡散係数・・・・当然、条件によって違うよね。

構造物の置かれている環境、コンクリートの配合等により違うのは分かります。「高炉セメント使えばフリーデル氏塩としての塩分固定能力が上がる」恥ずかしながら初めて知りました。詳しくご教示願いませんか?

このレスへの感心度: フムフム×200 ナルホド!×171 スゴイ!!×135
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38908] Re[2]: 塩化物イオン濃度 - やれやれ 2016/05/27 13:17:02 ID:JRB7ZPU/ フムフム×188 ナルホド!×174 スゴイ!!×131
高炉セメント使えばフリーデル氏塩としての塩分固定能力が上がる ……
◆この記事への返信記事:
[38910] Re[4]: 塩化物イオン濃度 - 大韓民国万歳 2016/05/28 02:14:43 ID:KYf2iN5R フムフム×184 ナルホド!×167 スゴイ!!×140
塩害対策を必要とする鉄筋コンクリート構造物は、塩素の濃度分布 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[4]: 塩化物イオン濃度
投稿者名:大韓民国万歳  投稿日:2016/05/28 02:14:43  記事No:38910  ID:KYf2iN5R
塩害対策を必要とする鉄筋コンクリート構造物は、塩素の濃度分布をEPMAなどで潜伏期を調査する必要がある。現在では、鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度は、1.2kg/m^3とされているのが一般である。また、単位セメント量や水セメント量により異なる。あれ、ちょっと待てよ、配合により異なるのがなぜ一律1.2なんだ。これじゃ、耐久性確保のため、かぶりを大きくしなければと考えたと推測する。さて、鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度は該当のコンクリート構造物に浸透した塩化物イオンが、セメント水和物に固定されるから変わるとされている。つまり、配合によって異なるため、鋼材腐食発生限界塩化物イオン濃度を設定する必要がある。
 セメント成分のアルミン酸三カルシウムと塩化物の生成物で、常温ではイオン化しない安定な化合物をフリーデル氏塩といい鋼材の腐食に寄与していないとされている。炭酸化により
分解され、Cl^−は、未炭酸化部分に移動し濃縮する。
 塩害に対しては、塩化物イオンの浸透を抑制する必要があり、シラン系浸透性吸水防止材。
また、鋼材が腐食している範囲を自然電位法で評価し、断面修復工法の時に、防錆剤の塗布または、なんとかが望ましい。既に鋼材位置まで塩化物が1.2程度存在していると、断面修復工法や表面含浸塗布工法では、不十分である。また、電気防食工法を用いるのも有効である。脱塩工法は、アルカリイオンが鋼材に集積されるため、ASRを生じている構造物にかんして使用するとASRを助長する。またPC構造物では、水素脆化が生じやすいので注意しなければならない。あっそうだ、鉄筋コンクリート部材を部分的に補修した場合、既設コンクリート部と断面修復部との境界部でマイクロセル腐食が生じる。ヤツは、他の部分の鉄筋と比較して激しい腐食をしょうじる。

このレスへの感心度: フムフム×184 ナルホド!×167 スゴイ!!×140
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38909] Re[3]: 塩化物イオン濃度 - 無っ知無知 2016/05/27 22:00:43 ID:g14dwKZi フムフム×200 ナルホド!×171 スゴイ!!×135
構造物の置かれている環境、コンクリートの配合等により違うのは ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]



コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.