CON-PRO.NET
疑問・質問ホットライン
Con-Pro Shop
 
[コンプロネット トップに戻る] [疑問・質問ホットライン トップに戻る] [前のページに戻る] [→プレビューなしモード] *サイト内検索

[新規記事を投稿する] [スレッド新着順] [新着記事一覧] [ルート記事新着順] [過去ログを見る] [ヘルプ]
◆スレッドツリー:
★[38986] 石灰石のアル骨試験方法 - 774 2016/08/29 13:59:50 ID:6F1ZtX3f 興味アリ×157
生コン工場で勤務してます。 自社の試験で、石灰石のアルカリ骨 ……
[38987] 削除された記事 - 大韓民国万歳 2016/08/30 23:38:58 ID: フムフム×51 ナルホド!×13 スゴイ!!×3
この記事は削除されました。 ……
[38988] Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法 - あらら 2016/09/02 14:56:26 ID:Aa/bOtUR フムフム×120 ナルホド!×100 スゴイ!!×82
↑ 回答になってない。 誤字も多いな。 ……
[38989] Re: 石灰石のアル骨試験方法 - べっきー 2016/09/02 18:56:22 ID:RE/HpO.6 フムフム×149 ナルホド!×103 スゴイ!!×90
水酸化ナトリウム溶液が骨材に含まれるシリカ分の内、不安定なシ ……
[38990] Re: 石灰石のアル骨試験方法 - チェリーボーイ 2016/09/03 11:35:26 ID:Xbow.quq フムフム×122 ナルホド!×112 スゴイ!!×96
石灰石だからモルタルバーしかダメだとは、書いていないと思いま ……
[38991] Re: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/04 08:40:23 ID:kZDgpiL0 フムフム×142 ナルホド!×119 スゴイ!!×177
 この問題は2001年にJIS A 1145(骨材のアルカリシリカ反応性試 ……
[38992] Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法 - Rc 2016/09/05 12:33:07 ID:gVpLdLc0 フムフム×142 ナルホド!×111 スゴイ!!×82
ScはRcですかね。 ……
[38993] 削除された記事 - 大韓民国万歳 2016/09/06 00:31:01 ID: フムフム×1 スゴイ!!×1
この記事は削除されました。 ……
[38995] Re[3]: 石灰石のアル骨試験方法 - なんだかなあ〜 2016/09/06 15:58:22 ID:EcHT8WEj フムフム×137 ナルホド!×108 スゴイ!!×75
あなたの言っている意味がわからない。 ……
[38997] Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法 - 774 2016/09/07 11:53:55 ID:ACN4io4L フムフム×116 ナルホド!×98 スゴイ!!×75
質問者です。 色々打ち合わせたところ、まさに記載されている内 ……
[38998] Re[3]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/07 14:39:50 ID:bSlbeH3s フムフム×104 ナルホド!×99 スゴイ!!×75
お役に立ててよかったです。 c)についてはどなたかのご指摘のと ……
[38999] 削除された記事 - 厳しい 2016/09/07 19:55:39 ID: フムフム×23 ナルホド!×3 スゴイ!!×9
この記事は削除されました。 ……
[39006] Re[5]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/11 11:43:12 ID:PW4H53cR フムフム×122 ナルホド!×93 スゴイ!!×115
もともと、石灰石骨材に化学法やモルタバー法が適用できないとい ……
[39009] Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法 - 大韓民国万歳 2016/09/11 19:56:54 ID:SimIbZSd フムフム×128 ナルホド!×71 スゴイ!!×74
やれやれだな。北陸地方で採取される石灰石はね一部不純物として ……
[39010] Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法 - 私もそう思います。 2016/09/12 08:53:15 ID:yHMwWJUD フムフム×118 ナルホド!×95 スゴイ!!×84
私も疑問に思っていました。 私自身は、土木学会の講演会で講演 ……
[39012] Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法 - 蟻のママの〜 2016/09/15 21:33:01 ID:K6Mo4di6 フムフム×126 ナルホド!×112 スゴイ!!×117
<一部削除(2000文字オーバーのため) できる、できないの話は ……
[39013] Re[7]: 石灰石のアル骨試験方法 - 大韓民国万歳 2016/09/16 22:56:19 ID:zz5W/WU7 フムフム×123 ナルホド!×106 スゴイ!!×87
石灰石を粉砕したものが、石灰石微粉末である。主成分は、炭酸カ ……
[39014] Re[8]: 石灰石のアル骨試験方法 - やれやれ 2016/09/17 08:22:07 ID:edPcztgw フムフム×122 ナルホド!×105 スゴイ!!×84
だから何? ……
[39017] Re[7]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/18 13:52:05 ID:80MQUP50 フムフム×114 ナルホド!×115 スゴイ!!×105
こちらの方の投稿の特徴としては、ほかの投稿者も書かれているが ……
[39018] Re[8]: 石灰石のアル骨試験方法 - 蟻のママの〜 2016/09/18 21:36:39 ID:BnLgjONA フムフム×126 ナルホド!×115 スゴイ!!×140
以下,ありのままに. @私どもの過去の研究,他の研究者の既往 ……
[39020] Re[9]: 石灰石のアル骨試験方法 - ポンパドール 2016/09/20 10:18:21 ID:Xs5e5Nsk フムフム×121 ナルホド!×122 スゴイ!!×93
 ギリシャ神話で全知全能の神ゼウスの娘アテナの英語名がミネ ……
[39021] Re[10]: 石灰石のアル骨試験方法 - べっきー 2016/09/20 10:56:29 ID:m7CKFWWZ フムフム×116 ナルホド!×95 スゴイ!!×117
数多く存在する神々の中でもオリュンポス12柱の特徴である人間的 ……
[39022] Re: Re[10]: 石灰石のアル骨試験方法 - 蟻のママの〜 2016/09/20 20:51:21 ID:3okW13cF フムフム×138 ナルホド!×95 スゴイ!!×189
 論文の著者に対して、謝罪の一言もなしですか。1行で終わるこ ……

石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:774  投稿日:2016/08/29 13:59:50  記事No:38986  ID:6F1ZtX3f
生コン工場で勤務してます。

自社の試験で、石灰石のアルカリ骨材反応性試験を化学法で確認してます。
新しい施工者から
「石灰はモルタルバー法じゃないとダメ。規格にも書いてある。」
との指摘を受けました。

今までそのようなこと言われたことなかったのですが、
何かの規格で石灰のアル骨試験方法の指定があるのでしょうか?

情報あればお願いします。

このスレッドへの興味度:×157
→このスレッドに自分も興味アリ!という方は 興味アリここをクリック
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事はスレッドのルート記事です。
◆この記事への返信記事:
[38987] 削除された記事 - 大韓民国万歳 2016/08/30 23:38:58 フムフム×51 ナルホド!×13 スゴイ!!×3
この記事は削除されました。 ……
[38989] Re: 石灰石のアル骨試験方法 - べっきー 2016/09/02 18:56:22 ID:RE/HpO.6 フムフム×149 ナルホド!×103 スゴイ!!×90
水酸化ナトリウム溶液が骨材に含まれるシリカ分の内、不安定なシ ……
[38990] Re: 石灰石のアル骨試験方法 - チェリーボーイ 2016/09/03 11:35:26 ID:Xbow.quq フムフム×122 ナルホド!×112 スゴイ!!×96
石灰石だからモルタルバーしかダメだとは、書いていないと思いま ……
[38991] Re: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/04 08:40:23 ID:kZDgpiL0 フムフム×142 ナルホド!×119 スゴイ!!×177
 この問題は2001年にJIS A 1145(骨材のアルカリシリカ反応性試 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

削除された記事
投稿者名:大韓民国万歳  投稿日:2016/08/30 23:38:58  記事No:38987  ID:JotTdY07
この記事は削除されました。

返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
◆この記事の親記事:
[38986] 石灰石のアル骨試験方法 - 774 2016/08/29 13:59:50 ID:6F1ZtX3f 興味アリ×157
生コン工場で勤務してます。 自社の試験で、石灰石のアルカリ骨 ……
◆この記事への返信記事:
[38988] Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法 - あらら 2016/09/02 14:56:26 ID:Aa/bOtUR フムフム×120 ナルホド!×100 スゴイ!!×82
↑ 回答になってない。 誤字も多いな。 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:あらら  投稿日:2016/09/02 14:56:26  記事No:38988  ID:Aa/bOtUR
大韓民国万歳 wrote.

>774 wrote.
>
>>生コン工場で勤務してます。
>>
>>自社の試験で、石灰石のアルカリ骨材反応性試験を化学法で確認してます。
>>新しい施工者から
>>「石灰はモルタルバー法じゃないとダメ。規格にも書いてある。」
>>との指摘を受けました。
>>
>>今までそのようなこと言われたことなかったのですが、
>>何かの規格で石灰のアル骨試験方法の指定があるのでしょうか?
>>
>>情報あればお願いします。
>
>なるほど。石灰石はASRおよび乾燥収縮の抑制の観点から、全国的に注目されている。しかい、一部の石灰石に石英を含むものがある。つまりこれが、遅延性膨張骨材のことである。何を意味するか、遅延膨張するため化学法または、モルタルバー法でも適切に評価出来ないのである。
>さて、骨材のASRを調べる方法としてモルタルバー法と化学法と2種類ある。モルタルバー法が基本である。化学法はあくまでも迅速なやり方である。化学法で区分Bと判定されて、いやの思いをされてもモルタルバー法で区分Aと判定される場合がある。だから、化学法を省いてモルタルバー法で試験しても良い。
>そこで、アルカリ骨材反応試験には骨材に対して(化学法、モルタルバー法、モルタルバーによる迅速法)試験するまたは、コンクリートに対して(コンクリートバー法、コンクリートの迅速試験)試験する2種類ある。
>配合ごとに試験するのがベストだが膨大な試験、労力および、コストがかかることから有効ではない。そこで、骨材の反応性を試験することとなる。骨材の試験は、モルタルバー法が基準であるが、結果を得るにに6か月かかることから、1じ試験として化学法で判定して、「無害でない」と判定されショックを受けた場合に、モルタルバー法で2次判定をする。


回答になってない。
誤字も多いな。

このレスへの感心度: フムフム×120 ナルホド!×100 スゴイ!!×82
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38987] 削除された記事 - 大韓民国万歳 2016/08/30 23:38:58 ID:JotTdY07 フムフム×51 ナルホド!×13 スゴイ!!×3
この記事は削除されました。 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:べっきー  投稿日:2016/09/02 18:56:22  記事No:38989  ID:RE/HpO.6
水酸化ナトリウム溶液が骨材に含まれるシリカ分の内、不安定なシリカ分がアルカリシリカ反応を起こします。その水酸化ナトリウム溶液に溶け出したシリカの量を測るのが化学法ですが、基本的には我が国で採取される石灰は純度が高く殆どの場合支障ありませんが、中には不純物が多く含まれ、それに反応して溶け出し、結果を不確かなモノにする可能性があるようです。
そういった事も甘味してか現在も石灰に関してはモルタルバー法との併用を推奨している所も多くあるようですね。
 記載されてるか否かは存じませんが・・・すみません。
 ちなみに弊社では併用しております。(試験所依頼ですがね)
 

このレスへの感心度: フムフム×149 ナルホド!×103 スゴイ!!×90
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38986] 石灰石のアル骨試験方法 - 774 2016/08/29 13:59:50 ID:6F1ZtX3f 興味アリ×157
生コン工場で勤務してます。 自社の試験で、石灰石のアルカリ骨 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:チェリーボーイ  投稿日:2016/09/03 11:35:26  記事No:38990  ID:Xbow.quq
774 wrote.

>生コン工場で勤務してます。
>
>自社の試験で、石灰石のアルカリ骨材反応性試験を化学法で確認してます。
>新しい施工者から
>「石灰はモルタルバー法じゃないとダメ。規格にも書いてある。」
>との指摘を受けました。
>
>今までそのようなこと言われたことなかったのですが、
>何かの規格で石灰のアル骨試験方法の指定があるのでしょうか?
>
>情報あればお願いします。

石灰石だからモルタルバーしかダメだとは、書いていないと思いますよ。
前の方が書かれているように化学法では岩種上、合格となってしまいますので
モルタルバーで実施するのが慣例みたいになっていると思います。
ただ、絶対無いのか?といえば、ドロマイトのようなこともありますので
気をつけた方がいいとも思います。
実際に化学法しかしていない石灰砕石工場もあります。

今、化学法で不合格の場合でも、モルタルバー法で合格すれば合格とする。
の文章が外れています。(か、もうすぐ外れる)
よって、試験方法自体も十分に考えたほうが良いのではないかと思いますよ。

このレスへの感心度: フムフム×122 ナルホド!×112 スゴイ!!×96
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38986] 石灰石のアル骨試験方法 - 774 2016/08/29 13:59:50 ID:6F1ZtX3f 興味アリ×157
生コン工場で勤務してます。 自社の試験で、石灰石のアルカリ骨 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2016/09/04 08:40:23  記事No:38991  ID:kZDgpiL0
774 wrote.

>生コン工場で勤務してます。
>
>自社の試験で、石灰石のアルカリ骨材反応性試験を化学法で確認してます。
>新しい施工者から
>「石灰はモルタルバー法じゃないとダメ。規格にも書いてある。」
>との指摘を受けました。
>
>今までそのようなこと言われたことなかったのですが、
>何かの規格で石灰のアル骨試験方法の指定があるのでしょうか?
>
>情報あればお願いします。

 この問題は2001年にJIS A 1145(骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(化学法))制定時の「アルカリシリカ反応性の判定方法」の項の記述内容が不十分であったことに端を発している。
 JIS A 1145-2001年版では、骨材のアルカリシリカ反応性の判定は、「溶解シリカ量(Sc)が10mmol/L以上で、アルカリ濃度減少量(Rc)が700mmol/L未満のとき、溶解シリカ量(Sc)がアルカリ濃度減少量(Rc)以上となる場合、この骨材を無害でないものと判定し、それ以外の場合を無害と判定する。」と規定されていた。ところが、実際に試験を行い判定結果を報告する際に、各試験機関より、前文の「それ以外の場合」とは、具体的にどの場合を示すのか不明確であるとの指摘が多数寄せられた。具体的には,溶解シリカ量が10mmol/L未満の骨材(純度の高い石灰石骨材がここに区分される)やアルカリ濃度減少量が700mmo1/L以上の骨材はどのように判定するかということである。当時、主な試験機関に対応状況を確認した結果、試験機関により、「無害」、「無害でない」、「判定不能(判定区域外)」など、機関によりバラバラな対応(「判定不能」としている試験機関が最も多かった)となっていた状況が確認されている。
 このため、当時は化学法による石灰石骨材のアルカリシリカ反応性の判定結果について統一的かつ明確な見解が関係機関より出されなかったため、多くの石灰石骨材ユーザーは化学法に依らず、JIS A 1146のモルタルバー法による判定に移行していったという経緯がある。
 その後、この判定基準に関してはJIS A 1145-2007年版の改定時に、改定調査研究委員会によって既往の文献調査が行なわれ、その結果に基づいて以下のように試験結果を三つのゾーンに区分して、それぞれについて判定方法を規定することに改定されており、現在は石灰石でも明確な判断が可能となっています。
 a)Scが10mmol/L以上、Rcが700mmol/L未満の範囲では、Sc<Rcとなる場合,その骨材を無害と判定する。Sc≧Rcとなる場合、その骨材を無害でないと判定する。
 b)Scが10mmol/L未満、Rcが700mmno1/L未満の範囲では、その骨材を無害と判定する。(純度の高い石灰石骨材はここに区分される)
 c)Scが700rnmmo1/L以上の範囲では判定しない。

 ということで、おそらく指摘された施工者はJIS A 1145-2001の判定基準もしくはそれをめぐる混乱の時期の経験をお持ちで、そのことを指摘されていたのではないでしょうか。この一連の経緯はJIS A 1145-2007の規格の解説部分にも記載されていると思いますのでご参照ください。
 なお、純度の高い石灰石骨材はもともとシリカ鉱物をほとんど含まないためアルカリシリカ反応性を起こす懸念は極めて低いことは言うまでもありません。

このレスへの感心度: フムフム×142 ナルホド!×119 スゴイ!!×177
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38986] 石灰石のアル骨試験方法 - 774 2016/08/29 13:59:50 ID:6F1ZtX3f 興味アリ×157
生コン工場で勤務してます。 自社の試験で、石灰石のアルカリ骨 ……
◆この記事への返信記事:
[38992] Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法 - Rc 2016/09/05 12:33:07 ID:gVpLdLc0 フムフム×142 ナルホド!×111 スゴイ!!×82
ScはRcですかね。 ……
[38993] 削除された記事 - 大韓民国万歳 2016/09/06 00:31:01 フムフム×1 スゴイ!!×1
この記事は削除されました。 ……
[38997] Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法 - 774 2016/09/07 11:53:55 ID:ACN4io4L フムフム×116 ナルホド!×98 スゴイ!!×75
質問者です。 色々打ち合わせたところ、まさに記載されている内 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:Rc  投稿日:2016/09/05 12:33:07  記事No:38992  ID:gVpLdLc0
ミネルヴァ wrote.

> c)Scが700rnmmo1/L以上の範囲では判定しない。

ScはRcですかね。

このレスへの感心度: フムフム×142 ナルホド!×111 スゴイ!!×82
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38991] Re: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/04 08:40:23 ID:kZDgpiL0 フムフム×142 ナルホド!×119 スゴイ!!×177
 この問題は2001年にJIS A 1145(骨材のアルカリシリカ反応性試 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

削除された記事
投稿者名:大韓民国万歳  投稿日:2016/09/06 00:31:01  記事No:38993  ID:A2dX3gWu
この記事は削除されました。

返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
◆この記事の親記事:
[38991] Re: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/04 08:40:23 ID:kZDgpiL0 フムフム×142 ナルホド!×119 スゴイ!!×177
 この問題は2001年にJIS A 1145(骨材のアルカリシリカ反応性試 ……
◆この記事への返信記事:
[38995] Re[3]: 石灰石のアル骨試験方法 - なんだかなあ〜 2016/09/06 15:58:22 ID:EcHT8WEj フムフム×137 ナルホド!×108 スゴイ!!×75
あなたの言っている意味がわからない。 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:なんだかなあ〜  投稿日:2016/09/06 15:58:22  記事No:38995  ID:EcHT8WEj
大韓民国万歳 wrote.
>
>ここは、調べてもわからないから質問するサイトじゃないのか?

あなたの言っている意味がわからない。

このレスへの感心度: フムフム×137 ナルホド!×108 スゴイ!!×75
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38993] 削除された記事 - 大韓民国万歳 2016/09/06 00:31:01 ID:A2dX3gWu フムフム×1 スゴイ!!×1
この記事は削除されました。 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:774  投稿日:2016/09/07 11:53:55  記事No:38997  ID:ACN4io4L
ミネルヴァ wrote.

>774 wrote.
>
>>生コン工場で勤務してます。
>>
>>自社の試験で、石灰石のアルカリ骨材反応性試験を化学法で確認してます。
>>新しい施工者から
>>「石灰はモルタルバー法じゃないとダメ。規格にも書いてある。」
>>との指摘を受けました。
>>
>>今までそのようなこと言われたことなかったのですが、
>>何かの規格で石灰のアル骨試験方法の指定があるのでしょうか?
>>
>>情報あればお願いします。
>
> この問題は2001年にJIS A 1145(骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(化学法))制定時の「アルカリシリカ反応性の判定方法」の項の記述内容が不十分であったことに端を発している。
> JIS A 1145-2001年版では、骨材のアルカリシリカ反応性の判定は、「溶解シリカ量(Sc)が10mmol/L以上で、アルカリ濃度減少量(Rc)が700mmol/L未満のとき、溶解シリカ量(Sc)がアルカリ濃度減少量(Rc)以上となる場合、この骨材を無害でないものと判定し、それ以外の場合を無害と判定する。」と規定されていた。ところが、実際に試験を行い判定結果を報告する際に、各試験機関より、前文の「それ以外の場合」とは、具体的にどの場合を示すのか不明確であるとの指摘が多数寄せられた。具体的には,溶解シリカ量が10mmol/L未満の骨材(純度の高い石灰石骨材がここに区分される)やアルカリ濃度減少量が700mmo1/L以上の骨材はどのように判定するかということである。当時、主な試験機関に対応状況を確認した結果、試験機関により、「無害」、「無害でない」、「判定不能(判定区域外)」など、機関によりバラバラな対応(「判定不能」としている試験機関が最も多かった)となっていた状況が確認されている。
> このため、当時は化学法による石灰石骨材のアルカリシリカ反応性の判定結果について統一的かつ明確な見解が関係機関より出されなかったため、多くの石灰石骨材ユーザーは化学法に依らず、JIS A 1146のモルタルバー法による判定に移行していったという経緯がある。
> その後、この判定基準に関してはJIS A 1145-2007年版の改定時に、改定調査研究委員会によって既往の文献調査が行なわれ、その結果に基づいて以下のように試験結果を三つのゾーンに区分して、それぞれについて判定方法を規定することに改定されており、現在は石灰石でも明確な判断が可能となっています。
> a)Scが10mmol/L以上、Rcが700mmol/L未満の範囲では、Sc<Rcとなる場合,その骨材を無害と判定する。Sc≧Rcとなる場合、その骨材を無害でないと判定する。
> b)Scが10mmol/L未満、Rcが700mmno1/L未満の範囲では、その骨材を無害と判定する。(純度の高い石灰石骨材はここに区分される)
> c)Scが700rnmmo1/L以上の範囲では判定しない。
>
> ということで、おそらく指摘された施工者はJIS A 1145-2001の判定基準もしくはそれをめぐる混乱の時期の経験をお持ちで、そのことを指摘されていたのではないでしょうか。この一連の経緯はJIS A 1145-2007の規格の解説部分にも記載されていると思いますのでご参照ください。
> なお、純度の高い石灰石骨材はもともとシリカ鉱物をほとんど含まないためアルカリシリカ反応性を起こす懸念は極めて低いことは言うまでもありません。


質問者です。

色々打ち合わせたところ、まさに記載されている内容の話でした。
「現在は判定できますよ」のような文書を提出して先方に納得してもらえました。

ありがとうございます。

このレスへの感心度: フムフム×116 ナルホド!×98 スゴイ!!×75
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38991] Re: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/04 08:40:23 ID:kZDgpiL0 フムフム×142 ナルホド!×119 スゴイ!!×177
 この問題は2001年にJIS A 1145(骨材のアルカリシリカ反応性試 ……
◆この記事への返信記事:
[38998] Re[3]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/07 14:39:50 ID:bSlbeH3s フムフム×104 ナルホド!×99 スゴイ!!×75
お役に立ててよかったです。 c)についてはどなたかのご指摘のと ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[3]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2016/09/07 14:39:50  記事No:38998  ID:bSlbeH3s
774 wrote.

>ミネルヴァ wrote.
>
>>774 wrote.
>>
>>>生コン工場で勤務してます。
>>>
>>>自社の試験で、石灰石のアルカリ骨材反応性試験を化学法で確認してます。
>>>新しい施工者から
>>>「石灰はモルタルバー法じゃないとダメ。規格にも書いてある。」
>>>との指摘を受けました。
>>>
>>>今までそのようなこと言われたことなかったのですが、
>>>何かの規格で石灰のアル骨試験方法の指定があるのでしょうか?
>>>
>>>情報あればお願いします。
>>
>> この問題は2001年にJIS A 1145(骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(化学法))制定時の「アルカリシリカ反応性の判定方法」の項の記述内容が不十分であったことに端を発している。
>> JIS A 1145-2001年版では、骨材のアルカリシリカ反応性の判定は、「溶解シリカ量(Sc)が10mmol/L以上で、アルカリ濃度減少量(Rc)が700mmol/L未満のとき、溶解シリカ量(Sc)がアルカリ濃度減少量(Rc)以上となる場合、この骨材を無害でないものと判定し、それ以外の場合を無害と判定する。」と規定されていた。ところが、実際に試験を行い判定結果を報告する際に、各試験機関より、前文の「それ以外の場合」とは、具体的にどの場合を示すのか不明確であるとの指摘が多数寄せられた。具体的には,溶解シリカ量が10mmol/L未満の骨材(純度の高い石灰石骨材がここに区分される)やアルカリ濃度減少量が700mmo1/L以上の骨材はどのように判定するかということである。当時、主な試験機関に対応状況を確認した結果、試験機関により、「無害」、「無害でない」、「判定不能(判定区域外)」など、機関によりバラバラな対応(「判定不能」としている試験機関が最も多かった)となっていた状況が確認されている。
>> このため、当時は化学法による石灰石骨材のアルカリシリカ反応性の判定結果について統一的かつ明確な見解が関係機関より出されなかったため、多くの石灰石骨材ユーザーは化学法に依らず、JIS A 1146のモルタルバー法による判定に移行していったという経緯がある。
>> その後、この判定基準に関してはJIS A 1145-2007年版の改定時に、改定調査研究委員会によって既往の文献調査が行なわれ、その結果に基づいて以下のように試験結果を三つのゾーンに区分して、それぞれについて判定方法を規定することに改定されており、現在は石灰石でも明確な判断が可能となっています。
>> a)Scが10mmol/L以上、Rcが700mmol/L未満の範囲では、Sc<Rcとなる場合,その骨材を無害と判定する。Sc≧Rcとなる場合、その骨材を無害でないと判定する。
>> b)Scが10mmol/L未満、Rcが700mmno1/L未満の範囲では、その骨材を無害と判定する。(純度の高い石灰石骨材はここに区分される)
>> c)Scが700rnmmo1/L以上の範囲では判定しない。
>>
>> ということで、おそらく指摘された施工者はJIS A 1145-2001の判定基準もしくはそれをめぐる混乱の時期の経験をお持ちで、そのことを指摘されていたのではないでしょうか。この一連の経緯はJIS A 1145-2007の規格の解説部分にも記載されていると思いますのでご参照ください。
>> なお、純度の高い石灰石骨材はもともとシリカ鉱物をほとんど含まないためアルカリシリカ反応性を起こす懸念は極めて低いことは言うまでもありません。
>
>
>質問者です。
>
>色々打ち合わせたところ、まさに記載されている内容の話でした。
>「現在は判定できますよ」のような文書を提出して先方に納得してもらえました。
>
>ありがとうございます。

お役に立ててよかったです。
c)についてはどなたかのご指摘のとおりScではなく、「Rcが700mmol/L以上の範囲の場合は判定しない。」の誤記です。お詫びして訂正します。

このレスへの感心度: フムフム×104 ナルホド!×99 スゴイ!!×75
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38997] Re[2]: 石灰石のアル骨試験方法 - 774 2016/09/07 11:53:55 ID:ACN4io4L フムフム×116 ナルホド!×98 スゴイ!!×75
質問者です。 色々打ち合わせたところ、まさに記載されている内 ……
◆この記事への返信記事:
[38999] 削除された記事 - 厳しい 2016/09/07 19:55:39 フムフム×23 ナルホド!×3 スゴイ!!×9
この記事は削除されました。 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

削除された記事
投稿者名:厳しい  投稿日:2016/09/07 19:55:39  記事No:38999  ID:RhRx3Jq8
この記事は削除されました。

返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
◆この記事の親記事:
[38998] Re[3]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/07 14:39:50 ID:bSlbeH3s フムフム×104 ナルホド!×99 スゴイ!!×75
お役に立ててよかったです。 c)についてはどなたかのご指摘のと ……
◆この記事への返信記事:
[39006] Re[5]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/11 11:43:12 ID:PW4H53cR フムフム×122 ナルホド!×93 スゴイ!!×115
もともと、石灰石骨材に化学法やモルタバー法が適用できないとい ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[5]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2016/09/11 11:43:12  記事No:39006  ID:PW4H53cR
厳しい wrote.

>ミネルヴァ様 私の勉強不足でよくわからないので教えてください。石灰石はいつごろから化学法または、モルタルバー法で確認できるようになったのですか?
>http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00035/2012/67-05/67-05-0170.pdf#search='%E7%9F%B3%E7%81%B0%E7%9F%B3+ASR'

もともと、石灰石骨材に化学法やモルタバー法が適用できないという考え方は、学会や関係者に一般的に認められた考え方(定説)ではない。【38991】にも書きましたが、読んでいただいていないようなので引用しますが、JIS A 1145-2007の改定時の解説にはこう書かれています。「 b)の範囲、すなわち溶解シリカ量(Sc)が10mmol/L未満でアルカリ濃度減少量(Rc)が700mmol/L未満の範囲では、もともとアルカリシリカ反応の機構から"無害"と判定できると推測されたが、それを裏付ける資料が必要であった。そこで、この委員会WG1では既往の文献について調査を行った。その結果、我が国で産出した石灰石80試料について種々の試験方法でアルカリシリカ反応性を検討した研究事例があり、それによれば溶解シリカ量(Sc)が10mmol/L未満の場合はすべて"無害"と判定されることが明らかとなった。これらのことを考慮して、b)の範囲にある骨材は"無害である"と規定した。」これを見ると、2001年の規格制定時には既に、溶解シリカ量(Sc)10mmol/L未満、要はアルカリシリカ反応の原因物質であるシリカ分がほとんど溶出しない(あるいはもともとシリカ分を含まない)骨材は、アルカリシリカ反応のメカニズムを考えれば、反応が起こる要素がないのであるから当然"無害"と判定できると推測されていたということである。ただ、規格の規定表現が不明確だったので、念のため既往の文献調査を行ったうえでb)区分の反応性を"無害"と明確化したに過ぎない。
また、国土交通省の「アルカリ骨材反応抑制対策」においても、平成14年9月の改定時のパブリックコメントの募集に対し、石灰石骨材のアルカリシリカ反応性試験に関し、適用できる試験方法や判定区分の明確化を求める意見が寄せられたが、これに対しても国土交通省は「国内ではアルカリ炭酸塩反応が確認されていないため、国内産石灰石に対しては(通常の)アルカリシリカ反応の試験を適用すればよいと考えております。従って、国内産石灰石につきましては、他の骨材と同様に扱って良いものと考えております。」と明確にJIS A 1145,1146の適用についてこれを認めています。
www.mlit.go.jp/kisha/kisha02/13/130801/130801_1.pdf
www.mlit.go.jp/pubcom/02/kekka/.../pubcomk96.pdf

なお、石灰石骨材に関する一般的なアルカリ骨材反応性に関する認識については、太平洋セメント鰍竦ホ灰石鉱業協会、日本建築総合試験所等による石灰石骨材とアルカリシリカ反応性に関する網羅的・系統的な研究報告があるので、これらをよく精査・理解されてから投稿することをお勧めします。
例えば・・・↓
http://www.taiheiyo-cement.co.jp/rd/research/cement-concrete/012.html

ここでよく理解してほしいことは、一般的に国内で流通している石灰石骨材は純度は上記文献で明らかなようにCaCO3の平均純度は97.6%と極めて高いこと。これに対し、引用文献で反応性を有する石灰石骨材とされるものの純度は(CaOで)69.9%と低く、文献中にも記載されているが「この骨材の石砕場では石灰岩に頁岩、チャートなどのはさみが存在している。」、ということでこの骨材は一般的に国内でいう石灰石骨材としては極めて異質・低品位のものであり、これを石灰石骨材として取り扱うこと自体はなはだ疑問である。また、はさみとして存在するというチャートや珪質頁岩はそれ自体が反応性を有する代表的な鉱物で、石灰岩でなく他の岩質の骨材にこれがはさみとして混合しても当然反応性が出るものと思われる。つまり石灰石に反応性があるのではなく、混入したはさみ部分が反応性の岩石なだけである。ちなみに石灰石に頁岩やチャートが30%近く混入すれば一目で異質と判別できることは言うまでもない。
また、個人的感想だが、この論文は学生さんが書かれたものであろうが、化学成分の分析結果のつじつまが全く合っていないことや、まとめの(2)で「溶解シリカ量が10mmol/L以下で"判定区域外"となり…」と、2007年の改定で区分b)が"無害"と明確化され、5年もたっているのにそのことさえ認識されていないことなど、かなりお粗末な論文との印象はぬぐえない。
なお、JIS A 1145,1146の試験結果が果たして適正に反応性を評価できているのかどうかに関しては(石灰石かどうかにかかわらず)様々な意見が呈されていることは事実であり、これを踏まえ現在JCIにおいてJIS A 1145,1146の改正作業が進んでおり、近日改正原案の提示、パブリックコメントの募集が行われる見込みである。

このレスへの感心度: フムフム×122 ナルホド!×93 スゴイ!!×115
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[38999] 削除された記事 - 厳しい 2016/09/07 19:55:39 ID:RhRx3Jq8 フムフム×23 ナルホド!×3 スゴイ!!×9
この記事は削除されました。 ……
◆この記事への返信記事:
[39009] Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法 - 大韓民国万歳 2016/09/11 19:56:54 ID:SimIbZSd フムフム×128 ナルホド!×71 スゴイ!!×74
やれやれだな。北陸地方で採取される石灰石はね一部不純物として ……
[39010] Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法 - 私もそう思います。 2016/09/12 08:53:15 ID:yHMwWJUD フムフム×118 ナルホド!×95 スゴイ!!×84
私も疑問に思っていました。 私自身は、土木学会の講演会で講演 ……
[39012] Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法 - 蟻のママの〜 2016/09/15 21:33:01 ID:K6Mo4di6 フムフム×126 ナルホド!×112 スゴイ!!×117
<一部削除(2000文字オーバーのため) できる、できないの話は ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:大韓民国万歳  投稿日:2016/09/11 19:56:54  記事No:39009  ID:SimIbZSd
やれやれだな。北陸地方で採取される石灰石はね一部不純物として頁岩やチャートなどを含有しているものがある、太平洋の資料のような良質の石灰石の鉱山じゃないんだよ。採取場所、地域によって違いがある。また、前者様が提示された資料は、試験されて数値として結果をだしているから、それにたいしての反論はしない。そもそも、私自身試験していませんので何とも言えない。
 さて、ASRを試験する方法として、大きく分けて@骨材としての試験または、Aコンクリートとしての試験の2種類がある。
さらに、各それぞれ2種類に分類される。@骨材としての試験1、モルタルバー法2、化学法がある。基準は、モルタルバー法である。Aコンクリートとしての試験1、コンクリートバー試験2、コンクリートの迅速試験がある。
 ここで忘れてはいけないものがある。骨材としての試験に促進モルタルバー法である。これは、不純物による影響を適切に評価できる事が確認されているよ。これが、前者様の添付資料(ASTM C1260)である。  

このレスへの感心度: フムフム×128 ナルホド!×71 スゴイ!!×74
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39006] Re[5]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/11 11:43:12 ID:PW4H53cR フムフム×122 ナルホド!×93 スゴイ!!×115
もともと、石灰石骨材に化学法やモルタバー法が適用できないとい ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:私もそう思います。  投稿日:2016/09/12 08:53:15  記事No:39010  ID:yHMwWJUD
ミネルヴァ wrote.

>また、個人的感想だが、この論文は学生さんが書かれたものであろうが、化学成分の分析結果のつじつまが全く合っていないことや、まとめの(2)で「溶解シリカ量が10mmol/L以下で"判定区域外"となり…」と、2007年の改定で区分b)が"無害"と明確化され、5年もたっているのにそのことさえ認識されていないことなど、かなりお粗末な論文との印象はぬぐえない。

私も疑問に思っていました。
私自身は、土木学会の講演会で講演するような大そうな技術者ではありませんが、2007年の改定後にこのような評価をしているというのはどういうことだったのでしょうか。
この辺りの事情を知っている人いたら教えて下さい。興味があります。

このレスへの感心度: フムフム×118 ナルホド!×95 スゴイ!!×84
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39006] Re[5]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/11 11:43:12 ID:PW4H53cR フムフム×122 ナルホド!×93 スゴイ!!×115
もともと、石灰石骨材に化学法やモルタバー法が適用できないとい ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:蟻のママの〜  投稿日:2016/09/15 21:33:01  記事No:39012  ID:K6Mo4di6
ミネルヴァ wrote.
>もともと、石灰石骨材に化学法やモルタバー法が適用できないという考え方は、学会や関係者に一般的に認められた考え方(定説)ではない。【38991】にも書きましたが、読んでいただいていないようなので引用しますが、JIS A 1145-2007の改定時の解説にはこう書かれています。「 b)の範囲、すなわち溶解シリカ量(Sc)が10mmol/L未満でアルカリ濃度減少量(Rc)が700mmol/L未満の範囲では、もともとアルカリシリカ反応の機構から"無害"と判定できると推測されたが、それを裏付ける資料が必要であった。そこで、この委員会WG1では既往の文献について調査を行った。その結果、我が国で産出した石灰石80試料について種々の試験方法でアルカリシリカ反応性を検討した研究事例があり、それによれば溶解シリカ量(Sc)が10mmol/L未満の場合はすべて"無害"と判定されることが明らかとなった。これらのことを考慮して、b)の範囲にある骨材は"無害である"と規定した。」これを見ると、2001年の規格制定時には既に、溶解シリカ量(Sc)10mmol/L未満、要はアルカリシリカ反応の原因物質であるシリカ分がほとんど溶出しない(あるいはもともとシリカ分を含まない)骨材は、アルカリシリカ反応のメカニズムを考えれば、反応が起こる要素がないのであるから当然"無害"と判定できると推測されていたということである。ただ、規格の規定表現が不明確だったので、念のため既往の文献調査を行ったうえでb)区分の反応性を"無害"と明確化したに過ぎない。
>また、国土交通省の「アルカリ骨材反応抑制対策」においても、平成14年9月の改定時のパブリックコメントの募集に対し、石灰石骨材のアルカリシリカ反応性試験に関し、適用できる試験方法や判定区分の明確化を求める意見が寄せられたが、これに対しても国土交通省は「国内ではアルカリ炭酸塩反応が確認されていないため、国内産石灰石に対しては(通常の)アルカリシリカ反応の試験を適用すればよいと考えております。従って、国内産石灰石につきましては、他の骨材と同様に扱って良いものと考えております。」と明確にJIS A 1145,1146の適用についてこれを認めています。
<一部削除(2000文字オーバーのため)
>ここでよく理解してほしいことは、一般的に国内で流通している石灰石骨材は純度は上記文献で明らかなようにCaCO3の平均純度は97.6%と極めて高いこと。これに対し、引用文献で反応性を有する石灰石骨材とされるものの純度は(CaOで)69.9%と低く、文献中にも記載されているが「この骨材の石砕場では石灰岩に頁岩、チャートなどのはさみが存在している。」、ということでこの骨材は一般的に国内でいう石灰石骨材としては極めて異質・低品位のものであり、これを石灰石骨材として取り扱うこと自体はなはだ疑問である。また、はさみとして存在するというチャートや珪質頁岩はそれ自体が反応性を有する代表的な鉱物で、石灰岩でなく他の岩質の骨材にこれがはさみとして混合しても当然反応性が出るものと思われる。つまり石灰石に反応性があるのではなく、混入したはさみ部分が反応性の岩石なだけである。ちなみに石灰石に頁岩やチャートが30%近く混入すれば一目で異質と判別できることは言うまでもない。
>また、個人的感想だが、この論文は学生さんが書かれたものであろうが、化学成分の分析結果のつじつまが全く合っていないことや、まとめの(2)で「溶解シリカ量が10mmol/L以下で"判定区域外"となり…」と、2007年の改定で区分b)が"無害"と明確化され、5年もたっているのにそのことさえ認識されていないことなど、かなりお粗末な論文との印象はぬぐえない。
>なお、JIS A 1145,1146の試験結果が果たして適正に反応性を評価できているのかどうかに関しては(石灰石かどうかにかかわらず)様々な意見が呈されていることは事実であり、これを踏まえ現在JCIにおいてJIS A 1145,1146の改正作業が進んでおり、近日改正原案の提示、パブリックコメントの募集が行われる見込みである。

できる、できないの話は、2とおりの解釈ができる.
1. 既往の研究成果のように,できない.つまり,技術的にはできない.
2. JISにしたがってやれば,できる.ただし,次が大前提.
・日本の石灰石は、アルカリ炭酸塩反応を生じない.
・不純物が多く入っていれば,JISの方法で判断できる.
・遅延膨張の議論はなされていないようだが,これも日本の骨材では生じないか,生じても軽微である.

それから,大声で言いたいのは,他人の研究成果をバカにするような書き込みは,真の技術者のすることではない!間違った論文の批評でも,それなりの技術者としての書きようがある.

このレスへの感心度: フムフム×126 ナルホド!×112 スゴイ!!×117
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39006] Re[5]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/11 11:43:12 ID:PW4H53cR フムフム×122 ナルホド!×93 スゴイ!!×115
もともと、石灰石骨材に化学法やモルタバー法が適用できないとい ……
◆この記事への返信記事:
[39013] Re[7]: 石灰石のアル骨試験方法 - 大韓民国万歳 2016/09/16 22:56:19 ID:zz5W/WU7 フムフム×123 ナルホド!×106 スゴイ!!×87
石灰石を粉砕したものが、石灰石微粉末である。主成分は、炭酸カ ……
[39017] Re[7]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/18 13:52:05 ID:80MQUP50 フムフム×114 ナルホド!×115 スゴイ!!×105
こちらの方の投稿の特徴としては、ほかの投稿者も書かれているが ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[7]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:大韓民国万歳  投稿日:2016/09/16 22:56:19  記事No:39013  ID:zz5W/WU7

石灰石を粉砕したものが、石灰石微粉末である。主成分は、炭酸カルシウムである。その為、水和反応に参画しないものと考えられていた。しかし、セメント中の石灰石微粉末は、@エーライトの反応を促進し、石灰石微粉末の粉末度が細かくなるほど反応は、増進することがわかっている。また、Aカルシウムアルミネートと反応して、カルシウムアルミネートモノカーボネートなどの水和物を生成することが報告されている。
C3A+CaCO3+nH2O→C3A・CaCO3・nH2O

  &#9352;CaCO3が共存しない場合は、水和初期にエトリンガイトが生成し、時間の経過とともにモノサルフェートを生成する。
  &#9353;CaCO3が共存する場合は、二水セッコウが消費されるまでは、CaCO3の反応は進行しない。二水セッコウが消費されると反応に参画しモノカーボネートなど生成する。
 CaCO3は、カルシウムアルミネートの水和に影響を及ぼすことから、DEF(遅延エトリンガイト生成)を引き起こす可能性があると示唆されている。
  コンクリート工学2014年5月号より

 初期エトリンガイト生成(EEF)は、乾燥収縮補償などに有効である。一方、遅延エトリンガイト生成は、コンクリートの膨張を引き起こし、ひび割れの原因となる。その、遅延エトリンガイト生成は、コンクリートの外部からの硫酸塩の供給または、内部に存在している硫酸塩によって反応している。

このレスへの感心度: フムフム×123 ナルホド!×106 スゴイ!!×87
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39012] Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法 - 蟻のママの〜 2016/09/15 21:33:01 ID:K6Mo4di6 フムフム×126 ナルホド!×112 スゴイ!!×117
<一部削除(2000文字オーバーのため) できる、できないの話は ……
◆この記事への返信記事:
[39014] Re[8]: 石灰石のアル骨試験方法 - やれやれ 2016/09/17 08:22:07 ID:edPcztgw フムフム×122 ナルホド!×105 スゴイ!!×84
だから何? ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[8]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:やれやれ  投稿日:2016/09/17 08:22:07  記事No:39014  ID:edPcztgw
大韓民国万歳 wrote.

>
>石灰石を粉砕したものが、石灰石微粉末である。主成分は、炭酸カルシウムである。その為、水和反応に参画しないものと考えられていた。しかし、セメント中の石灰石微粉末は、@エーライトの反応を促進し、石灰石微粉末の粉末度が細かくなるほど反応は、増進することがわかっている。また、Aカルシウムアルミネートと反応して、カルシウムアルミネートモノカーボネートなどの水和物を生成することが報告されている。
>C3A+CaCO3+nH2O→C3A・CaCO3・nH2O
>
>  &#9352;CaCO3が共存しない場合は、水和初期にエトリンガイトが生成し、時間の経過とともにモノサルフェートを生成する。
>  &#9353;CaCO3が共存する場合は、二水セッコウが消費されるまでは、CaCO3の反応は進行しない。二水セッコウが消費されると反応に参画しモノカーボネートなど生成する。
> CaCO3は、カルシウムアルミネートの水和に影響を及ぼすことから、DEF(遅延エトリンガイト生成)を引き起こす可能性があると示唆されている。
>  コンクリート工学2014年5月号より
>
> 初期エトリンガイト生成(EEF)は、乾燥収縮補償などに有効である。一方、遅延エトリンガイト生成は、コンクリートの膨張を引き起こし、ひび割れの原因となる。その、遅延エトリンガイト生成は、コンクリートの外部からの硫酸塩の供給または、内部に存在している硫酸塩によって反応している。

だから何?

このレスへの感心度: フムフム×122 ナルホド!×105 スゴイ!!×84
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39013] Re[7]: 石灰石のアル骨試験方法 - 大韓民国万歳 2016/09/16 22:56:19 ID:zz5W/WU7 フムフム×123 ナルホド!×106 スゴイ!!×87
石灰石を粉砕したものが、石灰石微粉末である。主成分は、炭酸カ ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[7]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:ミネルヴァ  投稿日:2016/09/18 13:52:05  記事No:39017  ID:80MQUP50
蟻のママの〜 wrote.

>ミネルヴァ wrote.

><一部削除(2000文字オーバーのため)
>>ここでよく理解してほしいことは、一般的に国内で流通している石灰石骨材は純度は上記文献で明らかなようにCaCO3の平均純度は97.6%と極めて高いこと。これに対し、引用文献で反応性を有する石灰石骨材とされるものの純度は(CaOで)69.9%と低く、文献中にも記載されているが「この骨材の石砕場では石灰岩に頁岩、チャートなどのはさみが存在している。」、ということでこの骨材は一般的に国内でいう石灰石骨材としては極めて異質・低品位のものであり、これを石灰石骨材として取り扱うこと自体はなはだ疑問である。また、はさみとして存在するというチャートや珪質頁岩はそれ自体が反応性を有する代表的な鉱物で、石灰岩でなく他の岩質の骨材にこれがはさみとして混合しても当然反応性が出るものと思われる。つまり石灰石に反応性があるのではなく、混入したはさみ部分が反応性の岩石なだけである。ちなみに石灰石に頁岩やチャートが30%近く混入すれば一目で異質と判別できることは言うまでもない。
>>また、個人的感想だが、この論文は学生さんが書かれたものであろうが、化学成分の分析結果のつじつまが全く合っていないことや、まとめの(2)で「溶解シリカ量が10mmol/L以下で"判定区域外"となり…」と、2007年の改定で区分b)が"無害"と明確化され、5年もたっているのにそのことさえ認識されていないことなど、かなりお粗末な論文との印象はぬぐえない。
>>なお、JIS A 1145,1146の試験結果が果たして適正に反応性を評価できているのかどうかに関しては(石灰石かどうかにかかわらず)様々な意見が呈されていることは事実であり、これを踏まえ現在JCIにおいてJIS A 1145,1146の改正作業が進んでおり、近日改正原案の提示、パブリックコメントの募集が行われる見込みである。
>
>できる、できないの話は、2とおりの解釈ができる.
>1. 既往の研究成果のように,できない.つまり,技術的にはできない.
>2. JISにしたがってやれば,できる.ただし,次が大前提.
>・日本の石灰石は、アルカリ炭酸塩反応を生じない.
>・不純物が多く入っていれば,JISの方法で判断できる.
>・遅延膨張の議論はなされていないようだが,これも日本の骨材では生じないか,生じても軽微である.
>
こちらの方の投稿の特徴としては、ほかの投稿者も書かれているが、何が言いたいのかさっぱり伝わってこないことである。どうも同じことを書いたり消したり、IDを変えたりして投稿を繰り返されているようであるが、できればもう少し何を読者に伝えたいのか、理論展開をきちんと整理してから、相手に伝わるようわかりやすい言葉で投稿されることをお勧めする。

>それから,大声で言いたいのは,他人の研究成果をバカにするような書き込みは,真の技術者のすることではない!間違った論文の批評でも,それなりの技術者としての書きようがある.

上記引用投稿にも書いたが、土木学会への投稿論文に関する意見はあくまでも個人的感想であり、しかもどこがおかしいかを二点きちんと指摘し説明したつもりであり、別にバカにしたり中傷したつもりはない。土木学会の年次学術講演会の論文は査読の制度がないようであるが、他の学協会の年次講演会等ででこの論文が当方に査読回付されれば同様の指摘をすると思う。一番恐れるべきは過ちを認識せず何度も繰り返すことであり、早い時期に認識を改めていただきたいと切に願うところである。「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」である。
ついでに一つ申し上げれば、貴殿の投稿の「大声で言いたい」は、日本語的にはこの場合「声を大にして言いたい」というべきであろう。日本語はなかなか難しいのでたくさんの語彙を身につけられることをあわせてお勧めする。

このレスへの感心度: フムフム×114 ナルホド!×115 スゴイ!!×105
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39012] Re[6]: 石灰石のアル骨試験方法 - 蟻のママの〜 2016/09/15 21:33:01 ID:K6Mo4di6 フムフム×126 ナルホド!×112 スゴイ!!×117
<一部削除(2000文字オーバーのため) できる、できないの話は ……
◆この記事への返信記事:
[39018] Re[8]: 石灰石のアル骨試験方法 - 蟻のママの〜 2016/09/18 21:36:39 ID:BnLgjONA フムフム×126 ナルホド!×115 スゴイ!!×140
以下,ありのままに. @私どもの過去の研究,他の研究者の既往 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[8]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:蟻のママの〜  投稿日:2016/09/18 21:36:39  記事No:39018  ID:BnLgjONA
ミネルヴァ wrote.
>>
>こちらの方の投稿の特徴としては、ほかの投稿者も書かれているが、何が言いたいのかさっぱり伝わってこないことである。どうも同じことを書いたり消したり、IDを変えたりして投稿を繰り返されているようであるが、できればもう少し何を読者に伝えたいのか、理論展開をきちんと整理してから、相手に伝わるようわかりやすい言葉で投稿されることをお勧めする。

以下,ありのままに.
@私どもの過去の研究,他の研究者の既往の研究成果によると,炭酸塩反応,遅延膨張については,JISの方法ではできない.つまり,できないというのは正しい.
炭酸塩反応とASRを同じ土俵で考えるのかという議論は,あるが.
A前スレの大前提を条件とすれば,石灰石についてもJISの試験方法でできる.
>
>>それから,大声で言いたいのは,他人の研究成果をバカにするような書き込みは,真の技術者のすることではない!間違った論文の批評でも,それなりの技術者としての書きようがある.
>
>上記引用投稿にも書いたが、土木学会への投稿論文に関する意見はあくまでも個人的感想であり、しかもどこがおかしいかを二点きちんと指摘し説明したつもりであり、別にバカにしたり中傷したつもりはない。土木学会の年次学術講演会の論文は査読の制度がないようであるが、他の学協会の年次講演会等ででこの論文が当方に査読回付されれば同様の指摘をすると思う。一番恐れるべきは過ちを認識せず何度も繰り返すことであり、早い時期に認識を改めていただきたいと切に願うところである。「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」である。
>ついでに一つ申し上げれば、貴殿の投稿の「大声で言いたい」は、日本語的にはこの場合「声を大にして言いたい」というべきであろう。日本語はなかなか難しいのでたくさんの語彙を身につけられることをあわせてお勧めする。

あなたは「個人的感想」と強調されてるが,個人的感想でなかったら,何なのか.中傷していないと書かれているが,「おそまつ」という下品な言葉は,あなたの中では中傷ではないのか.しかも,わざわざ学生さんと名指しで.何故,レフリーの話がでてくるのかも理解できないところであるが.

このレスへの感心度: フムフム×126 ナルホド!×115 スゴイ!!×140
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39017] Re[7]: 石灰石のアル骨試験方法 - ミネルヴァ 2016/09/18 13:52:05 ID:80MQUP50 フムフム×114 ナルホド!×115 スゴイ!!×105
こちらの方の投稿の特徴としては、ほかの投稿者も書かれているが ……
◆この記事への返信記事:
[39020] Re[9]: 石灰石のアル骨試験方法 - ポンパドール 2016/09/20 10:18:21 ID:Xs5e5Nsk フムフム×121 ナルホド!×122 スゴイ!!×93
 ギリシャ神話で全知全能の神ゼウスの娘アテナの英語名がミネ ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[9]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:ポンパドール  投稿日:2016/09/20 10:18:21  記事No:39020  ID:Xs5e5Nsk


>ミネルヴァ wrote.

>>上記引用投稿にも書いたが、土木学会への投稿論文に関する意見はあくまでも個人的感想であり、しかもどこがおかしいかを二点きちんと指摘し説明したつもりであり、別にバカにしたり中傷したつもりはない。土木学会の年次学術講演会の論文は査読の制度がないようであるが、他の学協会の年次講演会等ででこの論文が当方に査読回付されれば同様の指摘をすると思う。一番恐れるべきは過ちを認識せず何度も繰り返すことであり、早い時期に認識を改めていただきたいと切に願うところである。「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」である。
>>ついでに一つ申し上げれば、貴殿の投稿の「大声で言いたい」は、日本語的にはこの場合「声を大にして言いたい」というべきであろう。日本語はなかなか難しいのでたくさんの語彙を身につけられることをあわせてお勧めする。
>
>あなたは「個人的感想」と強調されてるが,個人的感想でなかったら,何なのか.中傷していないと書かれているが,「おそまつ」という下品な言葉は,あなたの中では中傷ではないのか.しかも,わざわざ学生さんと名指しで.何故,レフリーの話がでてくるのかも理解できないところであるが

ポンパドール wrote

  ギリシャ神話で全知全能の神ゼウスの娘アテナの英語名がミネルヴァ。

 ミネルヴァは 知恵の神 & 戦いの神 .

このレスへの感心度: フムフム×121 ナルホド!×122 スゴイ!!×93
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39018] Re[8]: 石灰石のアル骨試験方法 - 蟻のママの〜 2016/09/18 21:36:39 ID:BnLgjONA フムフム×126 ナルホド!×115 スゴイ!!×140
以下,ありのままに. @私どもの過去の研究,他の研究者の既往 ……
◆この記事への返信記事:
[39021] Re[10]: 石灰石のアル骨試験方法 - べっきー 2016/09/20 10:56:29 ID:m7CKFWWZ フムフム×116 ナルホド!×95 スゴイ!!×117
数多く存在する神々の中でもオリュンポス12柱の特徴である人間的 ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re[10]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:べっきー  投稿日:2016/09/20 10:56:29  記事No:39021  ID:m7CKFWWZ
ポンパドール wrote.

>
>
>>ミネルヴァ wrote.
>
>>>上記引用投稿にも書いたが、土木学会への投稿論文に関する意見はあくまでも個人的感想であり、しかもどこがおかしいかを二点きちんと指摘し説明したつもりであり、別にバカにしたり中傷したつもりはない。土木学会の年次学術講演会の論文は査読の制度がないようであるが、他の学協会の年次講演会等ででこの論文が当方に査読回付されれば同様の指摘をすると思う。一番恐れるべきは過ちを認識せず何度も繰り返すことであり、早い時期に認識を改めていただきたいと切に願うところである。「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」である。
>>>ついでに一つ申し上げれば、貴殿の投稿の「大声で言いたい」は、日本語的にはこの場合「声を大にして言いたい」というべきであろう。日本語はなかなか難しいのでたくさんの語彙を身につけられることをあわせてお勧めする。
>>
>>あなたは「個人的感想」と強調されてるが,個人的感想でなかったら,何なのか.中傷していないと書かれているが,「おそまつ」という下品な言葉は,あなたの中では中傷ではないのか.しかも,わざわざ学生さんと名指しで.何故,レフリーの話がでてくるのかも理解できないところであるが
>
>ポンパドール wrote
>
>  ギリシャ神話で全知全能の神ゼウスの娘アテナの英語名がミネルヴァ。
>
> ミネルヴァは 知恵の神 & 戦いの神 .

数多く存在する神々の中でもオリュンポス12柱の特徴である人間的臭さは逆に愛される存在となった。
ギリシヤの都市アテネの名が戦の神アテナにちなんでいる事からも窺える。

ゴルゴン三姉妹(ステンノ、エウリュアレ、メドゥーサ)のメドゥーサは海の神ポセイドンに見初められ、戦いの神アテナの神殿で関係を持った。
自分の神殿を汚されたアテナは激昂しメドゥーサを恐ろしい怪物に変え、目があったものを石にかえる化物になった。ゴルゴン三姉妹は人目を気にして西の彼方に隠れて過ごすようになった。これが皆のよく知るゴルゴンの呪いメドゥーサであるが、元はすごい美人であったようである。
ミレルヴァ怖し《゚Д゚》


・・・とまぁ、それは置いといてと、、、

ミネルヴァ殿、当方はいつも貴殿の書き込みに自身の勉学の向上はもちろんのこと、語彙力、論説に尊敬の念すら覚えます。
これはまた個人の意見ですが、誰のどんな返信であろうとも質問者殿への回答になっていようがなかろうが、あってようが間違っていようが中傷する輩の気が当方には理解しかねます。ならば全て答えろと思うばかりです。
個人を狙う中傷にも似た書き込みは無視し今後ともよろしくお願いします。

このレスへの感心度: フムフム×116 ナルホド!×95 スゴイ!!×117
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39020] Re[9]: 石灰石のアル骨試験方法 - ポンパドール 2016/09/20 10:18:21 ID:Xs5e5Nsk フムフム×121 ナルホド!×122 スゴイ!!×93
 ギリシャ神話で全知全能の神ゼウスの娘アテナの英語名がミネ ……
◆この記事への返信記事:
[39022] Re: Re[10]: 石灰石のアル骨試験方法 - 蟻のママの〜 2016/09/20 20:51:21 ID:3okW13cF フムフム×138 ナルホド!×95 スゴイ!!×189
 論文の著者に対して、謝罪の一言もなしですか。1行で終わるこ ……
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]

Re: Re[10]: 石灰石のアル骨試験方法
投稿者名:蟻のママの〜  投稿日:2016/09/20 20:51:21  記事No:39022  ID:3okW13cF
べっきー wrote.

>ポンパドール wrote.
>
>>
>>
>>>ミネルヴァ wrote.
>>
>>>>上記引用投稿にも書いたが、土木学会への投稿論文に関する意見はあくまでも個人的感想であり、しかもどこがおかしいかを二点きちんと指摘し説明したつもりであり、別にバカにしたり中傷したつもりはない。土木学会の年次学術講演会の論文は査読の制度がないようであるが、他の学協会の年次講演会等ででこの論文が当方に査読回付されれば同様の指摘をすると思う。一番恐れるべきは過ちを認識せず何度も繰り返すことであり、早い時期に認識を改めていただきたいと切に願うところである。「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」である。
>>>>ついでに一つ申し上げれば、貴殿の投稿の「大声で言いたい」は、日本語的にはこの場合「声を大にして言いたい」というべきであろう。日本語はなかなか難しいのでたくさんの語彙を身につけられることをあわせてお勧めする。
>>>
>>>あなたは「個人的感想」と強調されてるが,個人的感想でなかったら,何なのか.中傷していないと書かれているが,「おそまつ」という下品な言葉は,あなたの中では中傷ではないのか.しかも,わざわざ学生さんと名指しで.何故,レフリーの話がでてくるのかも理解できないところであるが
>>
>>ポンパドール wrote
>>
>>  ギリシャ神話で全知全能の神ゼウスの娘アテナの英語名がミネルヴァ。
>>
>> ミネルヴァは 知恵の神 & 戦いの神 .
>
>数多く存在する神々の中でもオリュンポス12柱の特徴である人間的臭さは逆に愛される存在となった。
>ギリシヤの都市アテネの名が戦の神アテナにちなんでいる事からも窺える。
>
>ゴルゴン三姉妹(ステンノ、エウリュアレ、メドゥーサ)のメドゥーサは海の神ポセイドンに見初められ、戦いの神アテナの神殿で関係を持った。
>自分の神殿を汚されたアテナは激昂しメドゥーサを恐ろしい怪物に変え、目があったものを石にかえる化物になった。ゴルゴン三姉妹は人目を気にして西の彼方に隠れて過ごすようになった。これが皆のよく知るゴルゴンの呪いメドゥーサであるが、元はすごい美人であったようである。
>ミレルヴァ怖し《゚Д゚》
>
>
>・・・とまぁ、それは置いといてと、、、
>
>ミネルヴァ殿、当方はいつも貴殿の書き込みに自身の勉学の向上はもちろんのこと、語彙力、論説に尊敬の念すら覚えます。
>これはまた個人の意見ですが、誰のどんな返信であろうとも質問者殿への回答になっていようがなかろうが、あってようが間違っていようが中傷する輩の気が当方には理解しかねます。ならば全て答えろと思うばかりです。
>個人を狙う中傷にも似た書き込みは無視し今後ともよろしくお願いします。

 論文の著者に対して、謝罪の一言もなしですか。1行で終わることだと思いますが。論文には、氏名や所属だけでなく、住所や連絡先電話番号等も含まれています。論文を中傷するということは、個人を、しかも氏名や所属や電話番号までも明らかな個人を中傷するということです。
技術の女神様の言われることは重い訳ですから?、以降、お気をつけください。空の上の技術の女神様を、これ以上悲しませないように。
 それから貴方の過去ログを見ると,(明らかな)間違いも見うけられますので,あまり無理をせず,肩の上のフクロウによく聞かれて,あるいは口を出さぬようにされることをお勧めします.
では,これにて失礼します.

このレスへの感心度: フムフム×138 ナルホド!×95 スゴイ!!×189
このレスに感心したらあなたもクリック→ フムフム フムフム ナルホド! ナルホド! スゴイ!! スゴイ!!
返信記事の投稿: →返信記事作成(全文自動引用) →返信記事作成(手動引用)
[この記事を削除する]
◆この記事の親記事:
[39021] Re[10]: 石灰石のアル骨試験方法 - べっきー 2016/09/20 10:56:29 ID:m7CKFWWZ フムフム×116 ナルホド!×95 スゴイ!!×117
数多く存在する神々の中でもオリュンポス12柱の特徴である人間的 ……
◆この記事への返信記事:
返信記事はありません。
[↑スレッドツリーへ]     [↑ページの先頭へ]



コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)/ 企画・運営:セルテック株式会社/ 技術サポート:有限会社ウインタースキン/
©1999-2018 Concrete Products Network All rights reserved.