CON-PRO.NET
Con-Pro Shop
 
■コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)はコンクリート製品技術者のためのサイバーコミュニティです。
※バナー広告のお申し込み・お問い合わせはこちらをご覧下さい。
 ※技術的な疑問があったらキーワードを入れて検索してみましょう。解決しない時は「疑問・質問ホットライン」へ!
記事詳細
記事番号
40068
タイトル
Re: 愛知県建設局 の土木工事標準仕様書2020年度版にて
本文
基本的に国土交通省からの引用に近いと思うのですが、実際には必要に応じてとか協議によってというところがあるみたいです。
河川などで胴込コンクリートなども対象になってたりして、災害対応などは協議によって変更も可能になったりしたこともありました。
ただ、個人的にこの規格を考えた人は現場を知らないし、国の上の方で働き方改革といって現場の負担を減らそうとすることに対して
何も考えてないんだろうなと思います。
特に検査官の方はこの文面だけ見て書いてあるからしなきゃいけないという人も少なくありません。
納税者として、1日10m3ほど打設する胴込コンクリートを毎日現場試験で8000円の試験代をかけてする意味がどれくらいあるか納得のできる答えが欲しいですね
お名前
一市民
レスへの感心度
😃: 1 😮: 0 😲 : 0
登録日時
2020-03-30 14:39:24
最終修正日時
2020-03-30 14:40:36
・[40067] 愛知県建設局 の土木工事標準仕様書2020年度版にて がっぷ力丸 2020-03-27 13:50:17 [返信]
 (現場試験頻度が、現行→ 1回以上/日または、20~150m3にて重要度にあわせて…)
  [40068] Re: 愛知県建設局 の土木工事標準仕様書2020年度版にて 一市民 2020-03-30 14:40:36 😃x1 [返信]
  (基本的に国土交通省からの引用に近いと思うのですが、実際には必要に応じてとか協議に…)