CON-PRO.NET
Con-Pro Shop
 
■コンプロネット(コンクリート・プロダクツ・ネットワーク)はコンクリート製品技術者のためのサイバーコミュニティです。
※バナー広告のお申し込み・お問い合わせはこちらをご覧下さい。
 ※技術的な疑問があったらキーワードを入れて検索してみましょう。解決しない時は「疑問・質問ホットライン」へ!
記事詳細
記事番号
40285
タイトル
断面修復工の際の添え筋について
本文
コンクリート構造物の断面修復工において、
①鉄筋が腐食し断面欠損している場合、添え筋を設けることなっていますが、鉄筋径に対し鉄筋断面が何%程度欠損していると添え筋が必要となるのでしょうか。
②また、添え筋を施工する際、健全部にどの程度ラップさせる必要があるのかも明確ではありません。
以上2点について、参考文献等も教えてください。
お名前
A-S
スレッドへの興味度
😊: 4
登録日時
2021-11-27 17:30:17
最終修正日時
2021-11-27 17:30:17
・[40285] 断面修復工の際の添え筋について A-S 2021-11-27 17:30:17 😊x4 [返信]
 (コンクリート構造物の断面修復工において、①鉄筋が腐食し断面欠損している場合、添え…)
  [40286] Re: 断面修復工の際の添え筋について サイクルマン 2021-11-29 15:34:47 😃x5 [返信]
  ( 下記文献「大阪港における港湾施設の老朽化対策工事について」には「腐食した主筋(…)
   [40288] Re[2]: 断面修復工の際の添え筋について A-S 2021-11-30 09:52:14 😃x2 [返信]
   (早速のご返答ありがとうございます。大変助かりました。やっぱり、ラップ長は、できる…)